キンプトン ホテル エベンティ

 キンプトンホテル エヴェンティ(Kimpton Hotel Eventi)は、インターコンチネンタルホテルズグループが有するラグジュアリー・ブランドです。大型チェーンでありながら、高級ブティック風のデザインを施すことでも有名なキンプトン・ホテルズ&レストランツブランドは、まるで家具付きのデザイナーズマンションの一室に居るような空間をご体験いただけます。

 サンフランシスコを本拠地とする「キンプトン・ホテルズ&レストランツ」は、アメリカのホテル業界に初めてブティックホテルというコンセプトを導入したパイオニア的存在です。それまでの大型チェーンホテルにありがちだった機能性だけを求めたシンプルな客室を提供するのではなく、各ロケーションに応じた独自のデザインを採用しており、その土地の持ち味を生かした高級感溢れる空間を作り出すことを得意としています。また、宿泊者には専用リビングルームにてモーニングティー・サービスや、午後のワイン・サービスなどの無料サービスを提供していることも、このホテルの特長となります。2020年には「キンプトン東京・新宿」がオープンする予定で、いよいよ日本国内でもこのキンプトン・ブランドが認知されることになるでしょう。

 キンプトンホテル エヴェンティは、チェルシー地区の北側6番街の30丁目にございます。住所こそチェルシー地区に分類されますが、実際はミッドタウン地区と言われてもおかしくない場所に位置しています。その証拠に、ホテルから徒歩約5分圏内には、ミッドタウンの象徴とも言える、エンパイア・ステート・ビルディング、マディソン・スクエア・ガーデン、ペンシルベニア駅があります。また、この周辺には「ヘラルドスクエア」と呼ばれる巨大ショッピングデパート「メイシーズ(Macys’s)」などが立ち並ぶショッピング街となっており、韓国街(Korea Town)が隣接しています。韓国街がある32丁目(32nd St)は「Korean Way」と呼ばれており、もはやそこはソウルの明洞(ミョンドン)のような夜中まで賑やかな繁華街となっています。この韓国街の中に、ホテルの最寄り駅である「32丁目(34th St)ヘラルソスクウェア」駅があり、地下鉄の橙色D、F、M、黄色N、Q、R、W、赤1、2、3の各路線がご利用いただけます。

 お部屋は冒頭でご紹介したように、家具付きの高級デザイナーズマンションのような内装となっており、落ち着いたシックな雰囲気となります。室内Wi-Fiは有料となりますが、無料で加入できるKimpton InTouchにご入会いただく事で無料でご利用いただけます。大理石が贅沢に埋め込まれたバスルームにはレイン(天井)シャワーが備え付けられており、ふかふかのバスローブが用意されています。アメリカ最古の薬局として有名なニューヨーク発のコスメブランド「C.O.Bigelow」のバスアメニティが常備されている点は、女性にとってはさらに嬉しい特典ではないでしょうか。客室の広さは26平米ほどとなりましすので、マンハッタン中心部のホテルにありがちのサイズとなります。お部屋の広さよりも景観を優先される場合は、シティビュー・ルームを選択されると、広さは同じとなりますが14階以上の上層階部屋をご利用いただけます。一般客室よりも広いお部屋をご希望される場合は、スイートルームをご利用ください。建物内にはバスタブ付きのスイートルームが6つあり、広さ37平米のスイートルーム「One-Bedroom Premier Suite」から、156平米を擁する「ライブ・スイート(Live Suite)」までございます。ライブ・スイートは、ビリヤード台が設置されているリビングルームと2つの寝室がつながっており、大きな専用バルコニーが付いたこのホテルで最も広いお部屋となります。

 館内に併設されている2つのレストラン「L’Amico」と「The Vine」のメニューは、過去に幾つもの賞に輝いている著名なシェフLaurent Tourondel氏によるものです。店内ではローストした七面鳥、ピザ、パスタ、シーフードなど、イタリア風のアメリカ料理をお楽しみいただけます。「The Vine」は、朝と夕で無料のドリンクサービスが提供される場所となっており、朝はコーヒーと紅茶、夕方5時から6時までの間はワインをお楽しみいただけます。24時間営業のフィットネスセンターには、エリプティカル(クロストレーナー)、トレッドミル、エアロバイク、ウェイトトレーニングマシン、ソフトマット、フラフープなどが完備されています。館内のスパ「Eventi」では、マッサージ、フェイシャルトリートメント、ワックスサービスなどをご利用いただけます。 24時間営業のビジネスセンターでは、iPadやMacBookなどのアップル製品を無用でレンタルする事ができ、ヘッドフォンや充電器などの周辺機器も併せてご利用いただくことができます。

個人的な意見

 一般客室がどうしても狭い印象があるキンプトンホテル エヴェンティですが、まず、このサイズはマンハッタンのスタンダートとも言える広さとなりますので、一人旅には全く問題がないかと思います。広くないスペースながらもゆっくりくつろげるように配備された高級家具とインテリアにこのホテルの工夫が見られます。お部屋の工夫よりもお勧めポイントとなるのがゲストサービスで、こちらのホテルのスタッフは日本人のお客様からも大変良い評価を得ております。アメリカ(特にニューヨーク)のホテルでサービス自体に対してこのような評価をもらうのは大変珍しく、おもてなし精神が備わったサービスで対応してくれます。お子様連れのお客様には、ベビーカーや子供用のベッドが無料で貸りれる点も魅力的ではないでしょうか。さらに、無料で加入できるキンプトンホテルグループの会員サービス(Intouch)をご利用いただくと、お部屋のインターネット接続が無料になるだけでなく、ミニバーにて税込15ドル分をお楽しみいただけるようになります。また、客室は階数6~23階に位置しておりますので、繁華街が近いこの立地でも騒音が気になりません。大型ホテルチェーンにありがちの味気ないビジネスホテルでも無く、個性が強すぎる派手なデザイナーホテルでも無く、ちょうどよいお洒落なデザイン、かつ、好立地をご希望されるお客様にとって、このキンプトンホテル エヴェンティは良い選択肢になるかと思います。

部屋数:292室
スタイル:デザイナーズマンション、ブティック、スタイリッシュ
雰囲気:30代~ / サービス重視 / ツーリスト / ご出張 / 落ち着いた雰囲気

同じタイプのホテル

近くにあるホテル