ガンズヴォート ミートパッキング

 ガンズヴォート・ミートパッキングNYC(Gansevoort Meatpacking NYC)は、ミートパッキング地区で一番最初に完成したアーバン・リゾート・ホテル(都会にいながらリゾート気分を味わえるホテル)です。ニューヨークのスカイランを一望できる360度パノラマビューとハドソン川を見晴らすことができる温水プールが屋上にあり、ビビットピンクを施したキュートなインテリア・デザインが特徴なスタイリッシュなこちらのホテルは、女性客はもちろん、ご家族連れにも大変人気のホテルとなっております。

 気になる「ガンズヴォート(Gansvoort)」という名前には歴史的背景があり、それはアメリカ南北戦争まで遡ります。南北戦争後、ようやく落ち着いて暮らしができるようになったこの地域に、地元野菜などを販売する青空市場(ガンズヴォート市場)がありました。1880年代に栄えたこの市場はやがて食品加工、精肉工場、自動車整備工場など姿を変えながら発展し、世界恐慌の煽りを受けるまで様々な産業が発展しました。その後の不景気で多くが廃業し、廃墟となった倉庫が立ち並ぶスラム街となったのはご存知ある話かもしれません。元々あった市場の名前を取ったこのホテルが完成したのは、それから120年以上経った後のことですから、短いアメリカの歴史の中でもミートパッキングエリアでは今日も残る史跡をたどることができます。

 そんなミートパッキング・エリアは、今日ではスタンダードハイラインドリームダウンタウンなど、ハイセンスなデザイナーズホテルが集結する激戦区です。今でこそミートパッキング地区は、高級なブティック、レストラン、ギャラリーが建ち並び、お洒落なナイトライフスポットとしても有名な場所となりましたが、1990年代までは、前述した通り廃墟となった高架橋と工場や倉庫跡地だけが集まる錆びれたエリアでした。2000年初頭に高架橋の再利用計画(ハイライン)が打ち出されると、ガンズヴォート・ホテル・グループはこのエリアの都市開発にいち早く目を付けました。結果、数年以内にこのエリアは旅行者が集まる観光スポットになり得ると見据えた同グループは、ハイラインが建設される前にブリキの倉庫が集まる街の真ん中に、一面ガラス張りのスタイリッシュなホテルを2004年に建ち上げます。何もない廃墟エリアに完成したガンズヴォート ミートパッキングNYCは、アメニティやサービス面でも他ホテルとの差別化を図りました。インテリアには高級寝具のみを導入し、他ホテルでは別料金となるWi-FiやTV番組も無料で提供、バスルームのアメニティは全てカトラー(Cutler)製で統一し、子供向けにゲームレンタルサービス(任天堂Wiiやプレイステーション、PSPなど)など、それまでになかったサービスを打ち出しました。加えて、フィットネスセンター、ヨガ・ルーム、マンハッタンを一望できる屋上テラスのプール、バー、ラウンジなどがあり、ソフトとハードの両面においてミートパッキング地区ホテルの先駆者となったこちらのホテルは、後発のスタンダードハイラインドリームダウンタウンの見本となりました。

 ホテル周辺には、西へ5分歩けばホイットニー美術館とハドソン川を見渡せる空中公園のハイラインがあり、北へ3分歩けばショッピング・グルメスポットのチェルシー・マーケットがあります。観光ガイドブックにはチェルシーマーケットが大々的に宣伝されてはいるのですが、ホテルからチェルシーマーケットに行く道の途中に、ホテルと同じ名前の「GANSEVOORT MARKET」がありますので、是非こちらもお立ち寄りください。こちらもチェルシーマーケットと同様に、100年以上前に建てられた倉庫を再利用して作られたマーケットで、ミートパッキングの中でも有名な食い倒れ所となっています。ニューヨークらしいテイストにアレンジされた、アメリカン、イタリアン、メキシカン、ベジタリアンなどの幅広い料理に舌鼓を打つのはいかがでしょうか。

 気になるガンズヴォートホテルの客室は、ホテル・カラーとも言えるビビット・ピンクとダーク・パープルがアクセントになった女性向けのインテリアが特徴です。各客室には無料Wi-Fi、薄型テレビ、ミニバー、スピーカー、カトラー(Cutler)製バスアメニティ、テレビゲームなどが備わっています。ベッドには400スレッドカウントの綿シーツと低刺激性布団が使用されておりますので、夜は快適にお休みいただけます。スレッドカウントとは、1インチ四方の生地に織り込まれている糸の本数を表しており、数値が高いほど肌触りが良い上に丈夫でしっかりしている生地となります。ニューヨークの5つ星ホテルで使用されている高級シーツが300TC(スレッド・カウント)となっていますので、400CTが相当なものである事は一目瞭然となります。また、14階建てのこのホテルは、周りに高い建物がないため、上層階のスイートルームからはマンハッタンとハドソン川の景色を一望することができます。

 このホテルの売りとも言えるマンハッタンの絶景を見渡すことができる屋上プールは、野外プールでは珍しく一年中利用可能な温水プールとなります。宿泊者だけが利用することができるプールとなっていますので、特別な体験を味わうことができます。屋上テラス「Lelie Rooftop」では、カクテル、アメリカンビストロ料理をお楽しみいただけます。24時間営業の無料フィットネスセンターには、トレッドミルやウェイトトレーニングマシンなど各種取り揃えており、個別にヨガのクラスにもご参加いただけます。ホテル内にあるサロン「Exhale spa」には、カップル部屋を含む3室のトリートメントルームがあり、スウェーデン式マッサージ、フェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジーなどのサービスをご利用いただけます。また、ミートパッキング地区のナイトスポットの中でも高級志向となるナイトクラブ「Plunge Bar + Lounge」が館内にございますので、忘れずに。こちらのナイトクラブには、プール付きのラウンジがあり、客層は若い印象がありますが、相応のお洒落をしたニューヨーカーが多く集います。やはりこのレベルのラウンジはドレスコードがございますので、男性はジャケット着用、女性はエレガントにドレスを召されるのが良いでしょう。

個人的な意見

 ミートパッキング地区では、昼間は世界中のアートやお洒落なカフェでお食事ができ、夜は賑やかなレストランと朝まで続くナイトライフをお過ごしいただけます。ニューヨークに来られるのが初めての方であれば、ミッドタウン(タイムズスクエア)周辺のホテルをお勧めしますが、ニューヨーク訪問が二回目以降であれば、こちらのミートパッキング・エリアで検討されてもよろしいかと思います。また、スタンダードハイラインドリームダウンタウンが少し賑やかすぎ、派手め、と感じられた方、外で出歩くよりもホテルの中でゆっくりする時間を大切にされたい(リゾート気分でプールサイドで日に当たりたい)方には、こちらのガンズヴォートホテルをお勧めします。また、少々ハードルが高くなりがちなお子様連れのニューヨーク旅行も、この「キッズフレンドリーなホテル10選」に選ばれたこちらのホテルで快適にお過ごしいただけます。前述したテレビゲームのレンタルも1つですが、一番下のカテゴリの客室でも搬入可能なベビーベッド、無料のおむつ、おくるみ提供、子供向けTV番組、子ども用自転車レンタル、など、他ホテルではないお子様向けのサービスは、家族旅行ではホテル選択の決め手になるのではないでしょうか。

部屋数:187室
スタイル:キュート、清潔感溢れる、景色が良い
雰囲気:20代~40代 / ご家族 / ナイトライフを楽しみたい / 女子旅 / ひとり旅 / ニューヨーク慣れしている人

同じタイプのホテル

近くにあるホテル