ミレニアム プレミア ホテル タイムズスクエア

 ミレニアム・プレミア・ニューヨーク・タイムズスクエア(Millennium Premier New York Times Square)は、イギリス・ロンドンのミレニアム&コプトーン・ホテルズが保有する同社の旗艦ホテルです。ミレニアムプレミアブランドは、世界各国の人気のロケーションにホテルを構えておりその親切なパーソナルサービスで高い評価を得ています。こちらのミレニアムホテルは、世界屈指の観光スポットであるタイムズスクエアからわずか半ブロックのところに位置しており、観光、ビジネスともにたいへん便利な場所にあります。

 前述の通りミレニウムホテルでは、顧客サービスを徹底しており宿泊者がまた泊まりたいと思えるようなパーソナルな顧客サービスを提供しております。サービスの質が低いアメリカにあって、ミレニウムでは宿泊者へのささやかなお声掛けや日本人のようなおもてなしのサービスが好評です。ちなみに日本では、三井不動産ホテルマネジメントと共に立ち上げたブランドとして「ミレニアム三井ガーデンホテル東京」がございます。こちらのホテルも銀座5丁目、銀座駅より徒歩2分という好立地に位置しております。

 ロケーションは世界の中心タイムズスクエアのど真ん中です。6番街と7番街の間の44丁目に位置しておりミッドタウンの主要観光スポットへは徒歩での移動が可能です。この界隈は公演後の夜遅い時間でも大勢の人で賑わっております。ほとんど周りが劇場街ですからブロードウェイ・ミュージカルが終わった後の遅い時間でも歩いて安全に帰れます。オフィス街が集まるロックフェラーセンター付近へも徒歩10分圏内、セントラルパークも徒歩で15分程です。ホテル近辺には、無数のレストラン、バー、ルーフトップバー、ショッピングエリア、エンターテイメントが集まっており、まさにニューヨークの中心にあるホテルです。

 シックなデザインのお部屋です。客室内にはバスタブ付きのバスルーム、ランバン(Lanvin)のバスアメニティが備わっています。お部屋の大きさは一般のお部屋でも32.5平米あります。1フロアに4〜7部屋しか客室がございませんので、どのお部屋にとりましても広々としたプライベートな空間が広がっています。ニューヨークの平均的なホテルの客室は18~20平米程であり、これは当ホテル周辺の、ハイアットセントリッホテルやザキンプトンミューズホテルと比べても格段に広いです。さらに上層階のお部屋をご選択いただければ、マンハッタンの絶景を窓から一望することができます。スイートルームも豪華な客室となっております。「エグゼクティブスイート」は60平米の広さを持ち、お部屋からはエンパイアステートビルを一望できます。24階に位置する「プリステージスイート」にはプライベートテラスがついており、都会のど真ん中にいながら開放的な雰囲気をお楽しみいただけます。さらに、スイートルームの特権は、エルメスの高級バスアメニティが備え付けられていることです。

 館内のお食事処は、本格的なアジア料理をお楽しみいただける「Bugis Street Brasserie and Bar」がございます。シンガポールのナシゴレン、シンガポールカレーチキン、シンガポールラクサなどの特別料理を含むメニューをお楽しみください。ビジネス関係の設備も充実しております。会議室は、合計で43室を完備しており、イベントの規模によって主催することが可能です。マルチゾーン照明、Wi-Fi、エルゴノミックチェアなどの設備が備わっています。その他、コンシェルジュ、ビジネスセンター、フィットネスセンター、ラウンジでの無料朝食の提供を行っています。

個人的な意見

 ミレニアム・プレミア・ニューヨーク・タイムズスクエアは、ライフスタイルホテルというカテゴリーに分類されてはいるものの、それ程個性豊かなホテルではありません。デザインも一貫してシンプルで落ち着いており、個性が程よく抑えられています。ビジネス用途の方にも観光用途の方にも、年齢性別を問わず幅広い層にご利用いただけるホテルです。その点を踏まえますと、ホテルの1ブロック北にあるハイアット・セントリックホテルと非常に類似する点が多く見受けられます。この2つのホテルはクオリティーの面で然程大差はございませんが、お部屋の広さと料金帯を比較すると、ハイアット系列の高級ブランドのホテルより、こちらのミレニアムの方がリーズナブルに宿泊することができます。タイムズスクエアからわずか半ブロックという絶好のロケーションに加え、お部屋の広さを求める旅行者にとっては最適なホテルです。

部屋数:125室
スタイル:利便性、都会的、モダン
雰囲気:20~40代 / 賑やか / ヤングエグゼクティブ

同じタイプのホテル

近くにあるホテル