オムニ バークシャー ホテル ニューヨークのご紹介

 オムニバークシャー プレイスは、1926年にワレン&ウェットモア(Warren & Wetmore)設計事務所によって建設されました。ワレン&ウェットモアは、第二世代ボザール様式(Beaux Art)の建築家として有名です(ちなみに、第一世代はペンシルバニア駅や市庁舎を設計したマッキム・ミード&ホワイト事務所で、こちらはもっと有名)。彼らは、グランドセントラル駅を改装するにあたり、街の活性化を目的として近隣の美観とともに地域開発を手掛けます。バークシャープレイスもその一環として建設されています。その後1979年に、オムニ・ホテルズが買収しオムニの旗艦ホテルになりました。オムニ・ホテルズはダラスに本拠地を置くホテルグループでPGAゴルフツアーの公式ホテルとしても有名です。

 ホテルが建つ52丁目のマディソン街は、5番街のショッピングエリアに位置しショッピングが目的の方に取りましては最適の立地です。ちょうど同じ通りの52丁目と5番街の角にはカルティエとフェラガモの店舗があります。徒歩30秒の距離です。5番街の北側にあるティファニーやハリー・ウィンストン辺りにも歩いて5分の立地です。ホテルの目の前にはとてもお洒落なFIG & OLIVE という地中海・イタリアンレストランがあります。お洒落な客層が多いカジュアルで気さくなレストランです。1990年代、元々は涼友レストランという日本食レストランがあったところで筆者がアルバイトしていたところです(久保田利伸さんや、まだ中学生だった頃の宇多田ヒカルさんがよくご家族で来られていました)。当時バークシャープレイスに宿泊しているシンガポールエアラインのCAさんやパイロットさんもよく食事にいらしており、同僚のコロンビア大学在学中の日本人ウエイターはそのCAの一人と結婚してシンガポールに移住しました。1993年頃の話です。また、現在のFig & Oliveの向かい側でバークシャープレイスの横にはニューヨークでもトップクラスのクラシックなフレンチレストランLa Grenouille があります。ホテルの建つマディソン街(5番街から一つ入った通り)はIBMの本社ビルがあったり広告代理店などが多く集まるビジネス街です。マディソン街は、隣の5番街に比べると人通りが少なく静かです。昼間はビジネスマンが多いですが、それだけ夜は静かな通りになります。マディソン街の54丁目角にはSmiler’sデリがあり、日本のコンビニと同じようにドリンク類や軽食などを購入できて便利です。ホテル近辺の観光地としましては、5番街のショッピングエリア、セントラルパーク、トップ・オブ・ザ・ロック展望台で有名なロックフェラーセンタービル、セントパトリック大聖堂、ラジオシティ・ミュージックホールなどが徒歩10分圏内にございます。

 部屋数は349室と多過ぎず中規模サイズといえます。1926年築の古い建物ですが内装はきれいに改装されており、お部屋は落ち着いてシックなイメージです。デラックスルームは25平米ですから少し小さめ、ワンランク上のプレミアになると34平米でかなり広くなります。室内にはビジネス旅行者にも十分なワークスペースが備わっており、バスルームにはバスタブがついています。なお、「南太平洋(South Pacific)」「王様と私(The King and I)」「サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)」「回転木馬(Carousel)」といった有名なミュージカルを書いた、そして現代のブロードウェイ・ミュージカルの基盤を作り上げたと言われるロジャース&ハマースタイン(Rodgers & Hammerstein)の2名が名作「オクラホマ(Okurahoma!)」を書いたのがバークシャーのスイートルーム2100号室です。現在でも2100号室は、Rodgers & Hammerstein Suiteという名前がつけられています。

 アメニティーとしまして、24時間営業のフィットネスセンターには、カーディオマシンから、ウェイトマシン、フリーウェイトまであり、比較的充実した設備を備えています。ビジネスセンターも24時間営業しており、コンピューター、プリンターの他、小さなミーティングルームもご利用頂けます。ホテル1階にあるレストランBob’s Steak and Chop House は、プライムステーキ、シーフードが美味しいクラシックな大人の雰囲気のレストランです。隣接するBob’sバー では、アルコール飲料に加え、軽食を召し上がることができます。さらに、17階にあるテラスダイニングPatrick’s Terrace は宿泊者のみが利用できる屋外ラウンジになっており、セントパトリック大聖堂を目の前に眺めながらお食事(ルームサービスのメニューから)やドリンクを召し上がることができます。宿泊者にはお勧めのプレミア感のあるラウンジです。

個人的な感想

 このホテルの最大の魅力は5番街エリアという立地です。5番街エリアには、ペニンシュラや、パレスホテル、バカラホテル、セントレジスといった超高級ホテルが集まっています。5番街という立地を考えると料金が高くなるのは当然で、その中でもコストパフォーマンスがよいのがオムニ・バークシャー・プレイスです。料金的にはヒルトンやシェラトンといったところで前述の超高級ホテルの半額以下の料金でこの立地に宿泊できます。また、ヒルトンやシェラトンのようにそこまで大型のホテルではありませんし、ロビーもこぢんまりとしており、静かで落ち着いた雰囲気があります。客層も然りです。5番街エリアのホテルで予算重視でお考えでしたらこちらのオムニ・バークシャープレイスがお勧めです。それ以外、観光目的の方であれば5番街エリアよりも7番街や8番街辺りのウエストサイドのホテルの方が便利です。料金的にも選択肢が増えますし、ツアーの集合場所やミュージカルの劇場街もこの付近になりますので観光でいらした方には適しています。ウエストサイドでバークシャープレイスと同等クラスのホテルだと、タイムズスクエアーの北側にある、マンハッタン・アット・タイムズスクエアーホテルや、その周りにあるシェラトン・タイムズスクエアーホテル、ヒルトン・ミッドタウン、マリオット・コートヤード・セントラルパーク、クラウンプラザ、ノボテル等がお勧めです。

もう一点付記しておくことがあります。バークシャープレイスは、ニューヨークのベスト・キッズ・フレンドリー・ホテルに選ばれています。ミルクやクッキーをチェックイン時にお子さんに配ってくれたり、客室でも同様のサービスを致しております。子供連れの旅行者にとっては嬉しいサービスですが、一般のお客様に取りましては、こちらのホテルは子供連れのお客様が多いかもしれない点をご承知頂けますようお願いします。

部屋数: 349室
スタイル: クラシック、シック
雰囲気: 30代~60代 / ご出張者 / お買い物好き

オムニ バークシャー ホテル ニューヨークの口コミ

オムニバークシャーホテルニューヨークに関する皆様からのご感想を紹介しております。ご帰国された後にでもご一筆を賜れますと幸いです。クチコミのコメントはリアルタイムに反映されます。皆様からの評価、コメントをお待ち申し上げます。

レビュー・口コミを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

レビューを投稿する

オムニ バークシャー ホテル ニューヨーク
平均評価:  
 0 レビュー

最安値を確認する

オムニ バークシャー ホテル ニューヨークの料金と予約

当サイトでは、大手の各ホテル予約サイトと在庫を共有させていただいております。
それぞれの予約サイトの使用方法や特徴をご参照の上、お選び頂いた予約サイトより、当ホテルをご予約くださいませ。

ホテル予約サイト

日付を指定して料金の比較と予約ができます。

エクスペディア エクスペディア予約方法
ブッキングドットコム Booking.comの予約方法
トリップドットコム Trip.comでの予約方法
ホテリア ホテリアでの予約方法

オムニ バークシャー ホテル ニューヨークのお部屋

オムニ バークシャー ホテルの全 398 室のお部屋には,快適なピロートップベッドおよび高級寝具のほか、iPod ドックならびに液晶テレビを完備しています。

シングル、ダブル

一般のお部屋は、「デラックス」と「プレミア」の2タイプになります。

デラックス・ゲスト・ルーム

広さ: 25平米

ベッド: キングサイズベッド1台

このホテルのスタンダードとなるお部屋です。
ビジネス旅行者にも十分なワークスペースが備わっており、バスルームにはバスタブがついています。窓からの景観をご希望される場合は「デラックス・エグゼクティブ」にアップグレードが必要となります。

デラックス・エグゼクティブ・ルーム

広さ: 25平米

ベッド: キングサイズベッド1台

客室仕様は「デラックス・ゲスト・ルーム」と同じですが、52丁目通りに面したお部屋となります。

デラックス・ゲスト・ルーム

広さ: 25平米

ベッド: ダブルサイズベッド2台

デラックス・ゲスト・ルームにダブルサイズベッドが2台あるお部屋です。ダブルルームとは、日本ではキングサイズベッドが1台の意味ですが、アメリカではベッドが2台あるお部屋のことを指します。

プレミア・シティ・ビュー・ルーム

広さ: 33平米

ベッド: キングサイズベッド1台

「デラックス・ゲスト・ルーム」よりも一回り広く、シティビューの景観が望めます。

プレミア・スカイライン・ビュー・ルーム

広さ: 33平米

ベッド: キングサイズベッド1台

14階より上にあるプレミア・ルームで、高階層からの景観が望めます。

プレミア・シティ・ビュー・ルーム

広さ: 33平米

ベッド: キングサイズベッド1台

プレミア・シティ・ビュー・ルームにダブルサイズベッドが2台あるお部屋です。ダブルルームとは、日本ではキングサイズベッドが1台の意味ですが、アメリカではベッドが2台あるお部屋のことを指します。

テラス、またはバルコニー付きシングル

プレミア・ルームの中で、以下2部屋のみ、テラス、またはバルコニーが付いています。

プレミア・エグゼクティブ・バルコニー・ルーム

広さ: 37平米

ベッド: キングサイズベッド1台

19階にある、バルコニー付きのプレミア・エグゼクティブ・ルームです。4つあるプレミア・エグゼクティブの中で、バルコニーが付いている部屋はこの1部屋のみとなります。

プレミア・エグゼクティブ・テラス・ルーム

広さ: 33平米

ベッド: キングサイズベッド1台

21階にある、14平米のプライベート・テラスがついたお部屋です。テラスにはソファが設置されておりラウンジのようにご利用いただけます。

スイートルーム

窓から望む景観の違いによって名付けられた、40平米規模の「バークシャー」「マンハッタン」「ロックフェラー」「カセドラル」「フィフスアベニュー」と、70平米規模の「マディソン」スイートがあります。

バークシャー・スイート

広さ: 41平米

ベッド: キングサイズベッド1台、ソファベッド1台

スタンダードのスイート・ルームです。リビングと寝室がフレンチ・ドアで区切られているお部屋です。建物の内側にあるお部屋なので、窓から景観は望めません。

マンハッタン・スイート

広さ: 40平米

ベッド: キングサイズベッド1台、ソファベッド1台

17階より上の階に位置するマディソン・アベニューを見下ろせるスイートルームです。

ロックフェラー・スイート

広さ: 37平米

ベッド: キングサイズベッド1台、ソファベッド1台

52丁目とセント・パトリック大聖堂が望めるスイートルームです。

マディソン・スイート

広さ: 72平米

ベッド: キングサイズベッド1台またはクイーンサイズベッド2台と、ソファベッド1台

マディソン・アベニュー向きのワンベッド・スイート・ルーム。
※同じ仕様で、角部屋のバルコニー付き(マディソン・スイート:バルコニー付き)にアップグレード可能

カセドラル・スイート

広さ: 41平米

ベッド: キングサイズベッド1台またはクイーンサイズベッド2台と、ソファベッド1台

五番街に建つ、セント・パトリック大聖堂(カセドラル)が望めるワンベッド・スイート・ルームです。リビングには、大きいソファベッドと、6名掛けのダイニングテーブルが設置されています。

フィフス・アベニュー・スイート

広さ: 41平米

ベッド: キングサイズベッド1台またはクイーンサイズベッド2台と、ソファベッド1台

15階より上の階に位置する5番街を見下ろせるスイートルームです。

マディソン・エグゼクティブ・スイート

広さ: 73平米

ベッド: キングサイズベッド1台またはクイーンサイズベッド2台と、ソファベッド1台

マディソン・アベニューが見下ろせる15階から上に位置するワンベッド・スイート・ルームです。バスルームは、バスタブ付きとシャワーのみ、の計2つあります。

プレミアム・スイート

このホテルで一度はご経験いただきたい、最上級スイート「ロジャース・ハマースタイン・スイート」は2100号室にあります。

ロジャース・ハマースタイン・スイート

広さ: 93平米

ベッド: キングサイズベッド1台またはクイーンサイズベッド2台と、ソファベッド1台

ブロードウェイ・ミュージカルの基盤を作り上げたと言われるロジャース&ハマースタイン(Rodgers & Hammerstein)の2名が名作「オクラホマ(Okurahoma!)」を書いたスイートルーム。46平米の大きなテラスが付いたッワンベッド・スイートルームです。

スイートルーム(テラス付き)

マディソン・スイート

広さ: 72平米

ベッド: クイーンサイズベッド2台

マディソン・アベニュと52丁目が見下ろせる角部屋で広いバルコニーが付いたスイートルームです。ダブルルームとは、日本ではキングサイズベッドが1台の意味ですが、アメリカではベッドが2台あるお部屋のことを指します。

フィフスアベニュー・テラス・スイート

広さ: 37平米

ベッド: キングサイズベッド2台

マディソン・アベニューと52丁目が見下ろせるバルコニー付きのスイートルームです。

ロックフェラー・テラス・スイート

広さ: 37平米

ベッド: キングサイズベッド2台

マディソン・アベニューと52丁目が見下ろせるバルコニー付きのスイートルームです。

最安値を確認する

オムニ バークシャー ホテルのエリア情報とアクセス

地図 / エリアの説明 / 周辺スポット / アクセス

地図

エリアの説明

 オムニ バークシャー ホテルは、マンハッタンの東側、ミッドタウン・イースト(Midtown East)に立地しております。ミッドタウンは、5番街側が歓楽街なら、こちら東側はビジネス街。1ブロック西の高級ブティックが立ち並ぶ5番街まで徒歩2分、1ブロック東の世界の銀行が立ち並ぶパーク街までも徒歩2分です。そして目の前のマディソン街は、広告代理店などが入居するビジネス街です(57丁目以北は高級ブティック街)。観光や観劇の中心地、タイムズスクエアまでは少し距離がありますのでタクシーのご利用になるかと思います。

周辺スポット、レストラン、ショップ

スポット

ロックフェラーセンター:
45 Rockefeller Plaza, New York, NY 10111 (徒歩5分) Map
ティファニー本店(5番街):
727 5th Ave, New York, NY 10022 (徒歩6分) Map
セントラルパーク:
Grand Army Plaza, New York, NY 10019 (徒歩10分) Map
MoMA – 近代美術館:
11 W 53rd St, New York, NY 10019 (徒歩5分) Map
タイムズスクエア:
Broadway & W 47th St New York, NY 10036 (徒歩13分) Map

レストラン

Le Bernardin: $$$$
シーフードフレンチ(要予約)
155 W 51st St, New York, NY 10019 (徒歩9分) Map
Aquavit: $$$$
スカンジナビア料理(要予約)
65 E 55th St, New York, NY 10022 (徒歩5分) Map
FIG & OLIVE: $$$
地中海レストラン(要予約)
10 E 52nd St, New York, NY 10022 (徒歩1分) Map
Armani Ristorante: $$$$
イタリアン
717 5th Ave, New York, NY 10022 3階 (徒歩5分) Map
Grand Salon (Baccarat Hotel内): $$$$
バカラホテルのロビーフロアーにあるラウンジ。フレンチ朝食やドリンク
28 W 53rd St, New York, NY 10019 (徒歩4分) Map

スーパー

Duane Reade:
スーパー・ドラッグストアー
49 E 52nd St, New York, NY 10022 (徒歩2分) Map

当ホテルへのアクセス方法

地下鉄の最寄り駅

「5 Avenue / 53 Street駅」:
徒歩2分。青のEライン、オレンジ色のMラインの駅。53ストリート沿いの建物の横に入り口があります。駅構内へのエレベーター、エスカレーターはありません。Map
「47-50 Sts Rockefeller Center Station駅」:
徒歩7分。オレンジ色のB,D,F,Mラインの駅。6アベニュー沿いのラジオシティ・ミュージックホールの横に入り口があります。6アベニューと49ストリートの北西の角に駅構内へのエレベーターがあります。Map
「51 St駅」:
徒歩5分。緑色の4,6ラインの駅。駅構内へのエレベーター、エスカレーターはありません。
Map

専用車・タクシーでのアクセス

当ホテルの玄関は52丁目側に1箇所ございます。空港から向かわれる際は、タクシーの運転手には「52nd street, Between 5th and 6th Avenue」とお伝え下さい。ダウンタウンからホテルに戻る場合は、「Madison Avnenue and 52nd Street」と言って頂ければ大丈夫です。マディソン通りは北向きですので、52丁目の角で降りる形となります。そこからは、玄関まで徒歩で数分です。

ジョン・F・ケネディー空港(JFK)から: 1時間~1時間30分
ラガーディア空港(LGA)から: 1時間~1時間30分
ニューアーク空港(EWR)から: 1時間~1時間30分

最安値を確認する

同じタイプのホテル

近くにあるホテル