[metaslider id=922]

ホテル情報

 ノリータンホテル(The Nolitan Hotel)は、お洒落なブティックや高級ブランド、個性的なデザイナーズセレクトショップのお店が建ち並ぶショッピングエリアに位置しております。ショッピングに適した立地の良さがまず第一にこのホテルを選ぶ理由にあげられるでしょう。ソーホー地区に隣接し、カジュアルながらもファッショナブルな街並みは、週末お買い物を楽しむ地元ニューヨーカーだけでなく世界中の旅行者を惹き付けています。そんなお洒落スポットの一角に建ち並ぶノリータンホテルは、クールかつスタイリッシュなデザインのブティックホテルです。ルーフトップバーから眺めるマンハッタンの摩天楼は、このホテルの最大の魅力です。

 2011年に開業したノリータンホテルは、デザイン会社Grzywinski+Ponsによって設計されました。近代的でスタイリッシュなデザインが特徴的なGrzywinski+Ponsは、ロウアー・イーストサイド地区の4つ星ホテル「ホテル オン リビングスト(Hotel on Rivington)」を手がけたことでも有名です。ノリータンホテルは、近年日本でも流行している人気のインダストリアルスタイルを用いています。インダストリアルスタイルとは、金属、コンクリート、タイルなどの素材をありのままに使い、機能美や無機質感のビンテージ風のインテリアです。外観はコンクリートと一面窓ガラスを使用したシンプルな印象的ですが、内装はデザイン性の高いミッドセンチュリーの家具が置かれたレトロモダンな客室です。

 ノリータンホテルという語源は、ホテルが位置する地区からその名前がつけられています。場所は、お洒落なショップやカフェがひしめく買い物エリア、Nolita(ノリータ)と言われるエリアに位置しております。近隣には、同じくショッピングエリアのソーホー、バウリーやリトル・イタリーがありますから、周辺観光スポットやショッピングへのアクセスも充実しています。ホテル周辺の最寄り駅は2箇所「Bowery」と「Spring St」があります。地元ニューヨーカーが集まるハイセンスなこの辺り一帯は、お買い物や小洒落たバーとレストランを目的で来られた方に適した立地です。

 「Nolita」という語源は、「North of Little Italy」の略で、「リトル・イタリーの北にあるエリア」を意味しております。実は、このエリアは元々イタリア系移民が多く住み着き、イタリアンマフィアが支配する地区でした。映画監督マーティン・スコセッシ氏もこの地区の出身であり、イタリアンマフィアを題材とした作品を多く輩出しています。しかし、90年代以降ソーホーの高級化が進むと、ヤッピー(都市部に住む若手エリートサラリーマン)がソーホーからノリータに移動し、この地区の都市開発が始まりました。そこの目を付けたノリータンホテルは、ノリータ地区で初めてのブティックホテルとしてオープンにこぎつけました。その甲斐あって今では旅行者が立ち寄らなかったこのエリアに、カフェ・レストラン・インテリア家具ショップが増え、ソーホーの高級感溢れる地区に対し、お手頃な価格で宿泊することができるお洒落なエリアとして注目の観光スポットとなっております。

 57室の客室は、お部屋の規模は小さいですが家具や客室内は綺麗で清潔感があります。バスルームは存在せず、全面ガラス張りのシャワールームです。バスタブが完備されているお部屋もございますが、お部屋の一角に設置されている形となりますのでプライバシーはございません。他のホテルにはないバラエティに富んだ設備・サービスを提供しているこのホテルは、ロビーフロアーで無料Wi-Fiインターネットとラップトップの貸出、自転車とスケートボードを無料で貸出を行っています。建物内のジムは会員制となっております。ご利用いただきたい方はフロントロビーで申し出る必要がございます。屋上のルーフトップバーはフリースペースになっており、宿泊者は誰でも利用可能です。予約可能な椅子とテーブルの用意もございますので、マンハッタンの景気を眺めながらゆったりとしたお時間をお過ごしいただけます。建物内のレストラン「Cantine Parisienne」は、フランス料理を提供しています。

個人的な意見

 高級感溢れるホテルというよりかは、ニューヨークらしいスタイリッシュなモダンな雰囲気のホテルです。ブティックホテル系統好きでソーホー地区またはノリータ地区をお探しの方であれば、このノリータンホテルをお気に召すことでしょう。お部屋は狭いですが綺麗です。室内の家具・色合いも全てシンプルとなっておりますから、年齢性別関係なしに問題なくご利用いただけると思います。隣接するソーホー地区のショッピングメインストリートへは、4ブロックでアクセス可能となりますからこのエリアは絶好のショッピングスポットです。ソーホー地区でお仕事をされるご出張の方々にも大変便利な立地だと言えます。ノリータ地区初のブティックホテルとして、ファッション雑誌「VOGUE JAPAN」に記事が取り上げられたほど人気なホテルですから、アパレル関係やインテリア関係のお仕事をされてる方にも参考になるかと思います。マンハッタン中心地のミッドタウンエリアへは地下鉄を利用しなければなりませんので、移動の多い観光目的の方には少し不便かと思います。ニューヨークでのホテル選びの条件が、ショッピングやグルメスポットに興味がある方にお勧めのホテルです。

部屋数:57室
スタイル:シンプル、ブティック、インダストリアルスタイル
雰囲気:20代~40代/ショッピング好き/グルメ好き/ニューヨーク慣れしている方向き/アーティスト

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

 

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX