[metaslider id=355]

ホテル情報

 ハイセンスなデザインで、お洒落なニューヨーカーだけでなく、世界中の旅行者を惹き付けている「エースホテル(Ace Hotel)」。全米10ヶ所に系列ホテルを展開するエースは、ホテル業界のファッションリーダー的存在のホテルグループです。デザイナーズホテルやブティックホテルと呼ばれるカテゴリーに分類されるこのホテルは、ヴィンテージ家具、現代アート、ミュージックやファッションなど世界の流行を取り入れたお洒落で遊び心のある空間が特徴的です。さらに、地元のコミュニティやクリエイティブな人々が集まる場所を提供する地域密着型ホテルとしての役割を担い、ホテルのロビーを開放して季節毎にイベントを開催、ライブ・ミュージックやダンスパーティー、地元の食材を生かしたレストラン、オリジナルデザインのグッズ販売なども行っております。マリオット系列のエディション(Edition)ホテルやアンダーズ(Andaz)ホテルと同様に、単なる「宿泊施設」としてではなく、”住むように泊まる“ ”人と人を繋げる“がコンセプトになっています。

 1990年代、ホテル業界に改革をもたらした人物と言われているのが、エースホテル創業者の一人アレックス・コルダーウッド(Alex Calderwood)氏です。1993年にエースホテル発祥地であるシアトルで友人と理髪店「Rudy’s」を経営していた彼は、海上労働者の訓練施設として使用されていた古いアパートのリース話に目をつけます。当時、従来のホテルの常識「ホテルには必ずロビーが必要なのか」「共同シャワーがあっても良いではないか」という疑問を呈していた彼は、友人とともにホテル産業へ参入することを決めました。まず、彼らが生み出した新しいホテルの定義は、ホテルというのは単なる宿泊施設ではなく、体験を提供すること、文化的触媒、多くの人のふれあいの瞬間と舞台を造り出す、長居したいと思える場所であるべきという考え方でした。そこで、1999年にシアトルで設立したエースホテル第一号店は、地元のデザイナー企業と協力して、廃墟となった古い建物を地域と溶け込むような雰囲気の建物へとリノベーションし、まるで自宅にいるような居心地を再現した「場」として蘇らせました。ホテルのロビーでは、無料Wi-Fiを繋げ、様々なイベントを企画し、地域の人々が誰でもホテルのロビーを利用できるよう開放しただけでなく、スイートルームを用意しながらも、同時に手頃な料金で利用できる共同バスルーム付きの客室の提供を行いました。このホテル産業に対する彼の新鮮な、型にはまらないアプローチは、当時高級な価値観を持たせることが最も重要視されていた欧米のホテルに衝撃を与え、デザイナーズ兼ブティックホテルの新しいスタイルを確立しました。

 エースホテルという語源は、トランプのエースからその名前がつけられています。一番弱いカードであり一番強くもなれるエースは、ハイクラスからもロークラスからも、アップタウンからもダウンタウンからも、両方からアクセスできる場所という意味が込めれています。その由来の通り、現在全米10ヶ所まで拡大したエースホテルは、各ホテルが地元に特価したデザインを採用しており、世界で最も注目されるホテルグループの1つにまで成長しました。また、ホテルが人々の生活の一部になるスタイルは、近年日本のホテル業界でも支持されており、東京目黒区にある「CLASKA」や京都の「HOTEL ANTEROOM KYOTO」さらには、和の大家とも称されている日本の建築家隈研吾による「Ace Hotel Kyoto」が京都にも初上陸。ライフスタイルをコンセプトとしたデザイナーズホテルが急増していると言えます。

 2009年に開業したニューヨークのエースホテルは、1904年に建てられた「Hotel Breslin」をリノベーションして建築されました。場所は、観光地や歓楽街が集まるマンハッタンの中心地ミッドタウン、Nomad(ノマド)と言われるエリアに位置しております。最も有名なアトラクションとしては、エンパイアステートビルが北に4ブロックのところにあり、この近辺では、巨大ショッピングモールのメイシーズや、ライブやスポーツ観戦の会場として有名なマディソン・スクエア・ガーデン、ニューヨークで2番目に大きいペンシルバニア駅があったりと、観光や娯楽で来られた方には申し分ない立地です。「Nomad」という語源は、「North of Madison Square Park」の略で、「マディソン・スクエア・パークの北にあるエリア」を意味しております。実は、このエリアは元々目立ったものがなく、人によってはダウンタウンの一部と認識され寂れたエリアでした。しかし、エースホテルの創立者アレックス・カルダーウッドが「何もない場所に人が集まるようにしたい」という意向を示し、この場所にホテルを建設することを決めたと言われています。その甲斐あって、今では閑散としていたこのエリアに、ブティックホテルThe NoMad Hotel(ノマドホテル)やショップ・レストランが増え、お洒落なハイセンスなエリアとして注目の観光スポットとなっております。

 265室の客室は、すべて壁アートが施された異なるデザインとなっています。部屋の机やベットなどの家具は、ヴィンテージまたはアンティーク家具を使用し、ターンテーブルレコードプレーヤーが設置されているなど、ニューヨークのお洒落なアパートの一室で暮らすような、ホテルの部屋というよりも自分の部屋に宿泊しているような感覚を味わうことができます。デザインは黒色や落ち着いた色の配色が多いため、少し男性向きではありますが、バスルームは全室フレンチドアと呼ばれるガラス張りのドアでデザインされており、バスタブがあるお部屋もございますので、旅行先で湯船に浸かりたい女性に適しています。ドライヤー、シャンプー、リンス、ボディーソープ、シャワーキャップ、爪ヤスリ、綿棒など基本的なアメニティーは充実しておりますが、歯ブラシとバスローブはございません。歯ブラシと歯磨き粉などは持参されるとよろしいでしょう。一点残念なのは、お部屋からの眺めです。道路沿いに面しているお部屋や上層階のお部屋以外は、基本的に窓から見える景色は、隣接するビルの壁か向かいのお部屋の窓が見えるだけです。エンパイアステートビルが見える眺めの良いお部屋もございますので、景色の良いお部屋を希望されるのあれば、要注意しなければなりません。

 ロビーフロアーは、無料の無線Wi-Fiインターネットとコンセント付きデスクスペースを完備しています。”人と人を繋げる”がコンセプトの通り、ロックな音楽がかかった巨大なリビングルームのような雰囲気となっており、常にミーティングや勉強をする地元ニューヨーカーと観光客の人々で賑わっています。他にも、24時間のルームサービス、ビジネスセンターの利用、地下には無料のジムを提供しています。建物内のレストランは、ウエストビレッジの人気バーガー店「The Spotted Pig」の姉妹店レストラン「The Breslin」(ラム肉バーガーが人気商品です。)とふらっと立ち寄ってお楽しみいただける生牡蠣がメインのシーフードレストラン「John Dory Oyster Bar」、ポートランド発祥の有名ブランドコーヒー「スタンプタウン(Stumptown)」のニューヨーク初の直営店が入っています。ニューヨーク土産として人気のエースホテルオリジナルのエコバッグは、チェックインカウンターの脇に設置されているギフトコーナーで販売しております。こちらのホテルは、スタッフの質が非常に良く、気さくでフレンドリーなサービス対応が有名です。昼はデニムにダンガリーシャツが似合うまったりとしたリビングルームのような雰囲気で、夜はアメリカの若者の音楽やカルチャーが体験できる場所へと早変わりします。他のホテルでは味わうことのできない個性溢れるロビーフロアーが魅力的なホテルです。

個人的な意見

 お洒落でニューヨークらしいハイセンスなホテルに宿泊された方、音楽好き、ファッション好き、インテリア好きなツーリストクラス向けのホテルです。平日はカフェでパソコンを開き、土日はDJや音楽のライブを楽しむニューヨーカーの普段の姿を見ることができますから、そういった現地でしか味わうことのできない体験を感じられるかもしれません。2009年オープン当初には、アメリカの有名雑誌「VOGUE」や「TIME」がこぞって記事を掲載し、日本のファッション誌やライフスタイル誌にも取り上げられたほど人気なデザインホテルですので、アパレル関係やインテリア関係などのご出張の方々にも参考になると思います。エンパイアステートビルからフラットアイアン地区周辺にかけてお仕事をされる方にとっては立地的に適したホテルと言えます。但し、ホテルの部屋は、西海岸のファッションデザイナーやクリエイターの住まいのようなインテリアデザインとなっており、若者向けのデニムにスニーカーといったラフな格好が似合うイメージですから、ニューヨークのよりソリッドな都会的イメージを好む方にはお勧めしません。”住むように泊まる”をコンセプトとした同系統のホテルであれば、ミニマルなデザインとラグジュアリー装飾品が絶妙に組み合わさった優雅な「グラマシーパークホテル」や土地開発が進められている注目のローアーイーストサイドに登場したボヘミアン・シックが特徴的な「ザバワリーホテル」が良いでしょう。写真共有SNSインスタグラムでお洒落な写真を取る「インスタ映え」という言葉が流行しているご時世、ニューヨークにいながら、家具付きのアパートで生活するような気分を味わうことができ、宿泊料金もお手頃な当ホテルは、学生旅行や女子旅の選択肢の一つになり得るホテルだと思います。

部屋数:265室
スタイル:住むように泊まる、ブティックホテル、ハイセンス、あっとホーム
雰囲気:20代~40代 / ファッションデザイナー / アーティスト / インテリアデザイナー / クリエイター

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

 

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX