ホテル情報

 ライブラリーホテル(The Library Hotel)は伝統的なアメリカの図書館がテーマのホテルです。ロビーやゲストルーム含めるとホテル全体で6000冊以上の本で溢れています。各階は書物愛好家なら知る人ぞ知る”デューイ十進分類法(Dewey Decimal)”の主要分類に基づいてテーマが割り振られています。ロビーはまるで図書館の一室のように沢山の本で囲まれており、気になる本は無料で貸し出しが可能ということですから、愛好家にとって夢のような滞在先です。本が好きな方もそうでない方も、心と体と知を満たすことのできる新しいライフスタイルを提供しています。

 ライブラリーホテルの外観は、荘願で気品のあるニューヨーク公共図書館(New York Public Library)の雰囲気を漂わせています。マンハッタンにあるホテルでこれだけ本が豊富で図書館と調和したホテルはここだけです。設計は建築家のステファン・B・ジェイコブス氏とインテリアデザイナーのアンディ・ペッパー氏によるものです。そのデザインは非常にユニークなものであり、宿泊客向けの全10フロアと全60室の客室はそれぞれデューイ十進分類法の主要分類に従ったカテゴリーに振り分けられ、そのテーマに合った本や装飾品などの調度品が整えられています。例えば、3階フロアのテーマは社会科学、そのフロアにある全6室は、法律・金融・世界の文化・経済・経営学・コミュニケーションと分かれて異なるテーマのお部屋となっております。因みに、4階フロアは言語、5階フロアは数学と科学、6階フロアは技術、7階フロアは芸術、8階フロアは文学、9階フロアは歴史、10階フロアは知識一般、11階フロアは哲学、12階フロアは宗教と振り分けられています。全ての客室が異なるテーマとなっていますから、客室ごとに違う本を読むことができます。さらに、予約時に希望のテーマを伝えておくと、お好みの本がお部屋にセットされていることもあります。近年、日本でも本屋をコンセプトとしたホテルやカフェが登場しており、スマートフォンなどの電子機具が蔓延する社会から飛び出して、心身ともに安らげる場所を提供するサービスが増えてきている傾向があると言えます。

 ライブラリーホテルは、ニューヨーク公共図書館から東へ1ブロックのところに位置しています。ニューヨーク最大規模を誇るグランド・セントラル駅まではわずか徒歩約3分でアクセスが可能です。ホテル近隣には、高級ショッピングエリアの5番街、冬期限定のスケートリンク場で有名なブライアントパーク、タイムズスクエア、エンパイア・ステート・ビルディングなどの観光名所、そして充実したバーやレストランが全て徒歩圏内です。ビジネス街と観光名所が混合するこの辺り一帯は、ミッドタウン中心地で比較的静かな立地に位置しています。日中はお仕事をされている方や観光客で賑わいますが、ニューヨーク公共図書館が夕方に閉まることもあり、夜は人通りが少なく快適にお過ごしいただけます。マディソン番街と5番街の間41丁目には日本食スーパーやレストランがございますから、お食事処にも恵まれた環境でございます。

 60室の全客室は、茶系でまとめられたシックな落ち着いた雰囲気の内装です。一部の客室からはニューヨーク公共図書館の外観を垣間見ることができます。お部屋の広さは約18平米ほどと狭いですが、マンハッタン中心地のホテルとしては通常のサイズと言えます。バスルームには、Gilchrist&Soames製のバスアメニティと日本人には嬉しいバスタブが備わっています。それに加えて、アメリカのホテルでは珍しい室内用のスリッパも完備しています。当ホテルはツインルームがございませんが、2部屋が客室内で繋がっているコネクティングルームのお部屋がございます。客室に置かれている本を手に取り、落ち着いた優雅なホテル滞在を満喫することができます。

 館内のルーフトップバー、レストランにも図書館にちなんだ名前とメニューが付けられています。14階に位置するルーフトップバーには、ロビーと同様に数多くの本が置かれています。日中は「Writer’s Den, Poetry Garden & Terraces(作家のデンと詩庭)」として、ニューヨークの景色を眺めながらリラックスとした時をお過ごしいただけます。午後4時以降は、「Bookmarks Lounge(ブックマーク・ラウンジ)」として市街を望む屋上バーでカクテルをお楽しみいただけます。「Reading Room(読書の部屋)」では無料のコンチネンタル朝食を毎日提供している他、24時間利用可能な読書部屋として、コーヒ、紅茶、新鮮なフルーツを終日ご用意しています。さらに、毎晩午後5時から午後8時までワイン&チーズレセプションを提供しています。館内にフィットネスセンターはございませんが、提携先のジムNew York Sports Clubへの無料パスをご用意しております。

個人的な意見

 ライブラリーホテルは高級ホテルに分類されます。料金も安くはありません。しかしながら特徴が図書館をイメージした雰囲気というコンセプトが明確なホテルですから好みも分かれるところでしょう。本や古本が好きな方、シックなデザインが好きな方、ホテル滞在を目的とした方、風変わりなホテルを好む方でしたら嗜好にぴったり合うでしょう。せっかくニューヨークまで行くのだからもっとモダンでコンテンポラリーなホテルがよい、という方にはニューヨークらしい他のホテルがよろしいかもしれません。客層は年齢層が高く、割と落ち着いた雰囲気を求める方がこちらのホテルをご利用されるのが見受けられます。フロントのスタッフ対応は親切と高評価です。バスタブ、ローブ、スリッパ、上質なバスアメニティを備えた客室ですから、宿泊を目的とした本がお好きな方にとって素敵な滞在となり得るでしょう。

部屋数:60室
スタイル:図書館風ホテル、エレガント、リフレッシュ
雰囲気:40代~ / 本が好き / 映画の世界感 / バスタブ付き / 休暇目的の方

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

 

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX