[metaslider id=”6145″]

ホテル情報

 2017年にデビューしたウィットビーホテル(The Whitby Hotel)は、ロンドンを拠点とするラグジュアリーホテルグループ「ファームデール・ホテルズ(Firmdale Hotels)」が有する高級ブティックホテルです。ファームデール・ホテルズはハイクラスなお客様をターゲットとして高級地区に的を絞り、完成度の高い洗練された現代的スタイルのデザインを展開してる注目度の高いホテルグループです。ソーホー地区に位置する第1号店クロスビー・ストリート・ホテルに次いで、第2号店として新たにミッドタウン地区にオープンさせたウィットビーホテルもまた、デザイナー兼ホテリエのキット・ケンプ(Kit Kemp)氏によって設計されました。そのデザインは白を基調としたものでクロスビー・ストリート・ホテルよりも更に気品に溢れています。女性目線で作られたロマンティックな客室にはオリジナルのアート作品を配したファブリックが特徴的な英国スタイルの内装に仕上がっています。キットケンプ氏のこだわりは、客室を含め、ロビーやバー&レストラン、応接室などのいたる所で目にすることができます。

 ホテルの立地は、マンハッタンの一等地ミッドタウン地区の5番街と6番街の間56丁目に位置しております。この界隈はまさしくマンハッタンの高級エリアとして機能しており、ホテル近辺には、5つ星クラスのセントレジスや4.5つ星クラスのペニンシュラを始めとする高級ホテルやティファニー・グッチといったハイブランド店が軒を連ねる高級ショッピングエリアの5番街が隣接しています。ホテルが位置する通りには、中華料理(小籠包で有名な)「Joe’s Shanghai」やイタリア料理「Il Tinello」を始めとする多国籍レストランやバー、カフェが集結しており、日本食料品スーパーのダイノブもホテルの隣にありますので特に便利です。その他、高級スイーツ「Milk Bar Downtown」なども全て徒歩圏内です。主要観光スポットとしては、3ブロック北にセントラルパーク、MOMA近代美術館、タイムズスクエア、ロックフェラーセンター、コロンバス・サークル、全て徒歩で移動が可能です。都会の賑やかさに疲れましたら、セントラルパークへ散歩やランニングに行ける気軽さも利点です。最寄りの地下鉄(N / Q / R / W 線)の59丁目駅へは五番街を北に徒歩5分です。

 86室の客室は、床から天井まで届く窓、無地のカーペット、上品な家具で構成されており、どの部屋も似たような美しさをしていますが、お部屋の色合いとインテリアは各部屋ごと異なるデザインが施されています。通常のお部屋スーペリアルームから31平米の広さがこざいますので、非常にゆったりとした空間でお過ごしいただけます。スイートルームには専用テラスが付いたお部屋もございまして、マンハッタンの景色を一望することができます。全客室には薄型テレビ、DVDプレーヤー、Bose Soundlinkシステム、無料Wi-Fi、金庫、ミニバーが備わっています。大理石のバスルームには、ダブルシンク、ウォークインシャワー、RikRakのバスアメニティ、ヘアドライヤーを用意しています。全スイートルームには独立したバスタブがあります。洗練された英国スタイルの装飾の室内は、まるでヨーロッパに遊びに来たような居心地の良い空間となっております。

 イギリス発祥のホテルならではのもうひとつの自慢が、本格的なアフタヌーンティーです。終日ご利用いただけるこのアフタヌーンティーは、館内に併設するレストラン「The Whitby Bar & Restaurant」にて提供をしています。高級感溢れる英国風の雰囲気が漂う店内で紅茶をいただく空間は、ここぞとばかりに優雅な一時をお過ごしいただけます。但し、紅茶一杯で$7~と価格もそれなりにしますので、お金で雰囲気を買うイメージで行かれた方が宜しいでしょう。その他設備として、ファームデール・ホテルズ名物の日曜限定の無料映画館、無料WiFiサービス、応接室、フィットネスセンター、会議室、24時間対応ルームサービスなどが完備されております。客室内のコーヒー/紅茶メーカーの設備やプールやスパはございません。

個人的な意見

 ウィットビーホテルも系列ホテルのクロスビー・ストリート・ホテルと同様に、イギリスで今最も人気のあるデザイナーキット・ケンプ氏が手掛けたラグジュアリー・高級ブティックホテルです。ロビーや客室はインテリアデザインをご覧になられたい方にとってとても参考になると思います。この2つのホテルはデザインとアメニティの面で非常に類似している点が多く見られますが、違いといたしましては立地と客層の部分で異なるかと思います。ウィットビーホテルは、ニューヨークの主要観光スポットと呼ばれるタイムズスクエアやセントラルパークに徒歩圏内のニューヨーク初心者向けの立地であることに対して、クロスビー・ストリート・ホテルは、ハイライン、ヒップショップ、ナイトライフといったニューヨークのヒッピーさを味わうことができるニューヨーク慣れされた方向けのチェルシー地区に位置しています。客層ととりましては、どちらのホテルも女性なら誰しもが憧れる上品かつ華奢なヨーロッパ風のデザインが見受けられますが、ウィットビーホテルの方が、エレガントという言葉よりもSNSで映えるような”可愛らしい”が似合う、より若い年齢層の方でもご利用いただけるデザインとなっています。豪華さの中にもキュートな要素を含むこのホテルは、女子旅やカップルに好まれるホテルだと言えます。また、一人ひとりのお客様を大事にプライベートが守られた空間を提供しているホテルですから、ハネムーンにもお勧めです。ミッドタウン地区では、デザイン性ではなく高級感を重要視した高級ホテルが多くございますので、ソーホーやミートパッキング地区のようなお洒落でハイセンスなブティックホテルをお探しの方に是非ともお勧めしたいホテルです。

部屋数:86室
スタイル:エレガント、上品さ、可憐さ、英国風
雰囲気:20代~50代/女子旅/ハネムーン/カップル/プライベートな空間を好む方/インテリアデザイナー

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX