[metaslider id=3077]

ホテル情報

 ザノマドホテル(The NoMad Hotel)は、ノマド地区にあるブティックホテルの中でも代表的な存在です。1903年に建築されたパリのオスマン様式の建物は、格調高い人気のヨーロピアンスタイルが施された風格を漂わせる、申し分のないデザインの高級ブティックホテルです。そしてこのホテルをより高級感溢れる空間に際立たせているのが、ホテル内にあるミシュラン3つ星、NYタイムズで4つ星を獲得したレストラン”ザ・ノーマッド”です。名の知れたトップシェフによるメニューは、このレストランを目当てにホテルに宿泊する方がいるほど、地元ニューヨーカーも憧れのレストランです。 

 ザノマドホテルという語源は、ホテルが位置する地区からその名前がつけられています。場所は、観光地や歓楽街が集まるマンハッタンの中心地ミッドタウン、Nomad(ノマド)と言われるエリアに位置しております。最も有名なアトラクションとしては、北へ数ブロックには、エンパイアステートビル、巨大ショッピングモールのメイシーズ、ライブやスポーツ観戦の会場として有名なマディソン・スクエア・ガーデン、そしてニューヨークで2番目に大きいペンシルバニア駅がございます。ホテル南側には、ハンバーガーショップ「Shake Shack」の第一号店が入っているマディソンスクエアパーク、ニューヨーク有数のルーフトップバー「230フィフスルーフトップバー」、映画「スパイダーマン」のロケ地としても有名なフラットアイアンビルディングなどの観光スポットが徒歩圏内にあります。但し、ホテルの向かいは、ホテルほどスタイリッシュな空間ではなく、ウォッチ、ジュエリー、香水のディスカウントのお店が立ち並んでいますから、雰囲気を良く感じない方もいらっしゃるかと思います。ホテル周辺の最寄り駅は「N / R線」があります。地元ニューヨーカーが集まるハイセンスなこの辺り一帯は、お買い物や小洒落たバーとレストランを目的で来られた方に適した立地です。

 フランスのデザイナー、ジャック・ガルシア(Jacques Garcia)氏によって設計された全168室の客室は、彼が育ったパリのアパートにインスパイアされ、壮大なヨーロッパのホテルの古典的な外観と魅力的な古き良き時代のニューヨークを兼ね備えています。彼はスタイリッシュな客室をデザインする際に、品質と細部に細心の注意を払いました。客室全体は、一見昔ながらの古いヨーロッパのアパートのように感じますが、装飾に堅木張りの床、マホガニー製のライティングデスク、キングサイズベッドの下のペルシャスタイルの敷物、壁にはヴィンテージの地図、アンティーク調の備品など懐かしさを思わせる反面、優れたデザインが施されています。全客室に無料Wi-Fi、薄型テレビ、毎日の新聞配達、電子式セーフティボックス、傘、アイロン台、アイロンが備わっています。バスルームは少し狭いですが、ガラス張りのシャワー、洗面化粧台、オーダーメイドのアルガン製バスアメニティ、ヘアドライヤー、バスローブが備わっています。より大きな客室には、客室内に猫足のバスタブが設置されています。一部の客室からはマンハッタンのスカイラインの美しい景色を眺めることができますが、クラシックルームは中庭に面しています。

 館内のレストラン「NoMad」は、シェフのダニエル・ハム(Daniel Humm)氏とウィル・グイダーラ(Will Guidara)の監修によるものです。スイス、カリフォルニア、ニューヨークの各地で過ごしたシェフダニエルの時間にインスパイアされたこのレストランは、定評のあるミシュランの3つ星クラスのEleven Madison Parkと同じ伝統に根ざしています。レストランはガラス張りのアトリウムを囲む一連の部屋で合計5つの空間で構成されています。本が並ぶ居心地の良いライブラリー風の室内、暖炉のある空間、そして日当たりの良いアトリウムにて世界の偉大なワイン産地を称えるワインプログラム、オーダーメイドのカクテル、ブランチなどを注文することができます。お食事スペースは、宿泊者以外の観光客であふれていますが、スペースの中にはホテルのゲスト専用に予約されているところもございます。地元ニューヨーカーや観光客の方そしてリピーターがこのレストランをめがけてやって来るほど話題性の高いレストランですから、是非こちらのホテルに宿泊の際には足を運ばれることをお勧めします。

個人的な意見

 ノマド地区のデザイン性の高いお洒落なブティックホテルとしては、エースホテルかここザノマドホテルかの2つのホテルがベストな選択肢になるかと思います。どちらのホテルもニューヨークの中心であるミッドタウン地区を避けたかのように、ノマド地区に位置しており、それも個性を際立てている一つの要素かと思います。また、この2つのホテルは元々寂れたエリアであったノマド地区を活性化させたホテルとも言われていますので、ノマド地区の流行の最先端としての役割も担っています。違いとしましては、3つ星クラスのエースは価格帯が低く、ふらっと立ち寄って居座ることのできるリビングルームのようなロビー、バー、人気のコーヒーショップ、そして社交のためのより一般的なスペースを提供しています。ホテルの雰囲気は客層の若い方がご利用されることが多いので、リーズナブルな価格でお洒落な雰囲気を楽しみたい若い年齢層の方にはエースホテルがお勧めです。一方、全体的に落ち着いた空間を提供するザノマドは、ヨーロピアンスタイルのアートが散りばめられた空間で贅沢に過ごすことができます。ゆったりとしたホテルステイを楽しむことを目的とされた方、古き良き時代を感じれれるインテリアとアートの融合に興味がある方、女子旅、一人旅、そしてノマド地区周辺でお仕事をさせれるビジネス旅行者の方に是非ともお勧めしたいホテルです。ノマド地区で落ち着いた雰囲気の高級ブティックホテルをお探しの方にとって素敵な滞在となり得るでしょう。

部屋数:168室
スタイル:ヨーロピアンスタイル、古風、現代的
雰囲気:30代~/一人旅/落ち着いた方/おしゃれな方/ご出張の方/話題性あり

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

 

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX