[metaslider id=1774]

ホテル情報

 1996年にソーホー地区初の大型ホテルとして開業した「ソーホーグランドホテル(Soho Grand Hotel)」。開業以来、この界隈においてトレンドの発祥地として君臨し続ける高級ブティックホテルです。石畳の道路と歴史的建造物が建ち並ぶソーホー地区の一角に位置するこのホテルは、シックとクラシックが融合した独特な雰囲気が漂うレンガ壁の建物です。いかにもソーホー地区らしい洗練されたデザインのこのホテルでは、ナイトライフスポットとしても機能しており、有名人、ヨーロッパの観光客、ウェストコースター、ビジネス旅行者、そして流行に敏感な地元ニューヨーカーを惹き付けています。

 ソーホーグランドホテルは、設計者David Helpern氏とインテリアを担当したWilliam Sofield氏によって設計されました。建築とデザインにはガラスと鉄の鋳造を含む要素が組み込まれており、どちらもソーホー産業史を沸とうさせるインダストリアルの雰囲気が漂っています。さらに、どこかアンティークさを感じさせる館内には、アールデコ調のヴィンテージバー、鉢植えのヤシの木、昔ながらの低照度のエジソンスタイルの電球など豪華な家具が囲んでいます。オープン以来、改装工事が続けられていたホテルは、2004年にはInterior Design Key賞を受賞した2つのペントハウスロフトスイートを完成させました。2010年には、イラストレーター、Saul Steinberg氏によって設計された壁材を使用したゲストルームとスイートルームの改装も行いました。留まり続けることなく常に流行を捉えたデザインを極めるソーホーグランドホテルは、クリエイティブな人たちの憧れの的にもなっています。

 ソーホーグランドホテルはソーホーの南端、トラベッカ地区から歩いてすぐのソーホー地区に位置しております。この2つの地区は、ニューヨークの高級ブランドやブティックのショッピング街、ナイトライフスポットの街として知られています。ホテルに隣接する道路キャナルストリートはソーホー地区とトラベッカ地区の境界線であり、デザイナーTシャツから小物まで、あらゆるものが揃ったショッピングストリームとなっています。隣接するチャイナタウンへも徒歩で移動が可能です。ホテル近隣の観光地としては、南にジャズの街グリニッジビレッジ地区、東に同じくショッピングエリアのノリータ地区、北にワールドトレードセンターや自由の女神、西にハドソン川がございます。元々この倉庫街が広がっていたソーホー地区は、芸術家のスタジオやアートギャラリーが点在する地域でした。不動産価格は上昇により、高級ファッション専門店が増え、それに伴い高級フランス料理店「Balthazar」や高級アメリカン料理店「Mercer Kitchen」のような人気のレストランがこの地域に出現するようになりました。 2002年にはアップル社がプリンスストリートに登場したことで、ニューヨークのクリエイティブが集まるオフィシャルエリアとしての地位が固まりました。

 2010年に改装が行われた369室の部屋は、ソーホーの町並みをイメージしたレトロかつ流行を捉えた内装が施されています。客室の大きさは狭いですが、中間色のシンプルなコットンの寝具で仕上げられたクイーンサイズのベッド、アールデコ風のドレスとクローゼットが、十分な収納スペースを提供しています。プラズマテレビやBose iPodドックなど、電子機器はすべて最新のものです。 革のヘッドボード、模様入りの壁紙、カーテンのテーブル、テーブル、革製のコルセットチェアが備わっています。白いタイル張りの上に施されたイラストレーターSaul Steinberg氏による楽しく気まぐれな壁紙で飾られたバスルームは、ハイセンスな遊び心を楽しむことができます。さらに、バスルームに備え付けられている豪華なバス製品Malin + Goetzは、ニューヨーク生まれの注目の日本未上陸ブランドです。女性に嬉しいアメニティグッズです。

 ナイトライフスポットとして有名でもあるソーホーグランドホテルは、週末はホテル内でクラブイベントが開催されます。週末の夜はこのイベントを求めて、お洒落な地元ニューヨーカーや宿泊客が集まります。ホテル内のバーラウンジ「Grand Bar&Lounge」では、日中は自然光が入り込む活気に満ちたエネルギーであり、夜には狂乱の20年代と呼ばれた頃のニューヨークを彷彿させるクラシックさと優雅さを兼ね備えた雰囲気をお楽しみいただけます。50種類のアメリカンウイスキーとオリジナルカクテル、朝食、昼食、夕食の提供を行っています。夏季限定の広大な屋外スペース「Gilligan’s」は、まるでハワイに遊びにきたような熱帯の装飾と島の雰囲気が魅力的です。5月から9月中旬までオープンするこのレストランでは、ロングアイランドの農場や漁師の食材を使った地元料理を提供しています。有名なフローズンスイカマルガリータは地元の人や観光客の間で人気があり、ロゼやビールも楽しめます。ホテルの24時間営業のフィットネスセンターには、トレッドミル、エクササイズバイク、ウェイトなどが備え付けられています。ご希望の場合は個別のパーソナルトレーニングを手配することができます(有料)。客室と公共スペースで無料Wi-Fiを利用できます。24時間営業のビジネスセンターには、数台のコンピューターワークステーション(MacとPCの両方)、ファックス機、複数回線対応電話、コピー機があり、すべて無料で利用可能です。どのフロアにもパントリールームと呼ばれるお客様専用のお食事のお部屋を用意しており、無料のコーヒーと紅茶を楽しめます。

個人的な意見

 ソーホーグランドホテルはこじんまりとした規模ですが、高級住宅地ソーホー地区の住民になったかのようなエレガントな雰囲気をお楽しみいただくことができます。週末にナイトクラブで賑わう点は、若い年齢層の方の方が好まれるかと思いますが、俳優のデイヴ・シャペル(Dave Chappelle)氏やミュージシャンのルー・リード(Lou Reed)氏など、アメリカを代表するセレブリティがこぞって集まる場所ですから、客層もそれなりに品格のある方がお泊りになられます。お部屋の大きさは広くはありませんが、シンプルな内装で清潔感が溢れています。無料のWIFI環境も問題なくご利用いただけますので、ビジネス旅行者の方でも快適にお過ごしいただけます。複数路線の地下鉄の駅にも近く、マンハッタン内、ブルックリンへの移動も簡単ですが、やはりミッドタウン地区へ出るには多少の不憫な面がございます。移動の多いご出張の方には不向きかと言えます。観光の面に関しては、ホテル周辺には近隣の小さなベーカリーから、話題のビストロ、ブティックでのショッピングも全てが数ブロック内で楽しめます。ウイスキーコレクションが並ぶバーラウンジを兼ね備えたこのホテルは、洗練されたハイセンスなデザインを求める30代以上のお客様に嗜好にぴったり合うでしょう。

部屋数:135室
スタイル:ラグジュアリー、ブティック、ロマンティック、アンティーク
雰囲気:30代~60代/ニューヨーク慣れをされた方/ナイトライフ目的/品格のある方/インテリア関係の方

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

 

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX