[metaslider id=1649]

ホテル情報

 リファイナリーホテルニューヨーク(Refinery Hotel New York)は、洗練された今時風のカジュアルなインテリア空間が漂うアーバンブティックホテルです。かつて、アパレル産業が発達していたガーメント地区(衣料問屋街)に位置するこホテルは、その土地の産業の過去に敬意を払うように、ティーサロンと帽子工場だった歴史的な建築物を改築して建築されました。ニューヨークの主要観光スポットのタイムズ・スクエア、エンパイアステートビル、およびブライアントパークが徒歩圏内という好立地であることから、ハイセンスなお洒落さを求める観光客を惹き付けています。

 リファイナリーホテルニューヨークの“リファイナリー(Refinery)”という語源は、「精製所、精製機具」という意味を指します。ホテルが位置する界隈、詳しくはマンハッタン内の5~9番街の34~42丁目周辺は、以前はアパレル産業の工場や精製所が集結する衣服地区として機能していました。現在は土地高騰によりファッション以外の産業によって占有されてしまっていますが、ファッションスタジオや生地店、ファッション大学など当時の名残が健在しています。そんな100年以上の歴史を持つこの地区を代表するかのように建つこのリファイナリーホテルニューヨークは、1920年代の衣料問屋街工場地帯、禁酒法時代のアメリカをモチーフにデザインされています。建物の細部までこだわったインテリアは、インダストリアルな要素を取り入れたシックなデザインとソリッドなニューヨークを表したスタイリッシュな小洒落た空間が広がります。館内では、昔ながらのクールなビストロ、禁酒法時代スタイルのジャズバー、エンパイアステートビルディングを一望することができるカジュアルなルーフトップバー、クールホワイトとゴシックアートが特徴的なロビーなど、所々で異なるニューヨークの表情を感じることができます。

 ホテルの立地は、ブライアントパークのすぐ裏、5番街と6番街の間38丁目に位置しております。衣服地区と呼ばれていた頃の時代とは異なり、ニューヨークの観光名所に囲まれた観光客に人気のスポットとなっています。マンハッタンの中心部ミッドタウン地区の南端に位置するこのホテル近辺には、ブライアントパーク、ニューヨーク公共図書館、エンパイアステートビルディング、タイムズスクエア、ロックフェラーセンター、ショッピングエリアの5番街、またMOMA近代美術館へも徒歩でアクセスが可能です。地下鉄の路線に恵まれているこの界隈では、徒歩圏内に最寄りの駅タイムズ・スクエア(1、2、3、N、R、Q、7)、ニューヨーク最大のターミナル駅グランドセントラル駅(4、5、6、7、S)そしてB、D、F、M、の利用が可能となり、ビジネス旅行者の方にも大変移動のしやすい立地にあります。

 197室の客室は、ビンテージ家具とモダンな装飾品が備わる、広々としたシンプルな客室です。1976年のオーク材の床、高さ12フィートのコンクリート天井、むき出しのパイプ、街の景色を望む広大な窓、そしてスケッチブック風の壁画がより一層インダストリアルな雰囲気を醸し出しています。23平米の客室の広さは、ニューヨークの平均的サイズです。各客室は、ザホワイトカンパニー(The White Company)によるカスタムメイドの家具と厳選されたバスアメニティ、農場から生まれた無添加コスメブランド「ビークマン1802(Beekman 1802)」の天然化粧品、ケーブル付きの42インチ液晶ハイビジョンテレビ、iPodドック、無料Wi-Fiなどが備え付けられています。

 リファイナリーホテルニューヨークのお勧めのスポットと言えば、エンパイアステートビルを一望できるルーフトップバー「REFINERY ROOFTOP」です。このルーフトップバーでは屋内ラウンジと屋外テラスを設けており、1年を通してニューヨークの景色をお楽しみいただけます。レンガ風のカジュアルかつスタイリッシュな館内は、お洒落な地元ニューヨーカーの憩いの場所として知られています。週末は多くの人で賑わいますが、ナイトクラブというよりかは、お酒とお食事を楽しみながらゆったりとした時間を楽しむ方に好まれるルーフトップバーです。ビストロ「Parker&Quinn」は、昔ながらのアメリカのダイナーを現代風のクラシックな空間に変貌させたデザインが特徴的です。ノスタルジックな雰囲気の中で朝食、ランチ、ディナー、カクテル、そおしてソフトシェルクラブからリブアイまで多彩なメニューをご用意しています。20年代のアメリカの禁酒法時代をモチーフにしたジャズ・バー「WINNIE’S JAZZ LOUNGE」では、ジャズをお楽しみいただきながらカクテルと軽食を堪能いただけます。

個人的な意見

 格式高い高級感溢れるホテルというよりは、現代風のカジュアルなデザインをお楽しみいただけるお洒落なブティックホテルです。イメージ的にはエース(ACE)やノマド(Nomado)と同系統のデザインスタイルと考えていただくと分かりやすいかも知れません。館内では、アーティストやデザイナーのための産業ギャラリースペースを設け、デザインと地元ブランドのギャラリー展としても人気の場所でございますから、アパレル関係やインテリア関係のご出張の方にも参考になるかと思います。タイムズ・スクエアからエンパイアステートビル地区周辺にかけてお仕事をされる方にとっては立地的に適したホテルと言えます。但し、客層にとりましては、企業務めのビジネスマンや品格のある落ち着いた雰囲気を求めるお客様というよりかは、ニューヨークのカジュアルさを求めたひとり旅、女子旅、カップル、新婚旅行の方が多く見受けられます。より高級感溢れる空間をお探しの方には、住むように泊まるというライフスタイルをコンセプトとしたアンダーズ(Andaz)やエディション(Edition)が宜しいかと思われます。お部屋、設備、スタッフのサービスの面において、非常に評判の良いホテルでありますから、週末の屋上テラスへ遊びに来られるお客様が行き交う点をご理解されるのであれば、満足の行く素敵なご滞在となることでしょう。

部屋数:197室
スタイル:ブティック、インダストリアルスタイル、アンティーク
雰囲気:30代~50代/ニューヨーク慣れをされた方/ひとり旅/カップル/インテリア関係の方

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

 

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX