ホテル情報

 アンダーズ(Andaz)は、シカゴのハイアットホテルズが有するパークハイアットに次ぐ高級ブランドのホテルです。マリオット系列のエディション(Edition)ホテルやWホテルがライバルブランドでもあるように、住むように泊まるというライフスタイルをコンセプトとしています。このカテゴリーはライフスタイルホテル、または境界線が重複しますがブティックホテルやデザイナーズホテルにも分類されております。

 日本では、東京の虎ノ門ヒルズの最上階層にもアンダーズ東京があります。こちら5番街のアンダーズも、東京のアンダーズと同様にニューヨークのインテリアデザイン事務所、トニー・チー・アソシエイツ(Tony Chi)によるコンテンポラリーな高級感溢れるデザインが採用されています。トニー・チー氏は現代のデザインホテルのインテリアを請け負う時代の寵児として有名です。これまでにも世界中の様々な高級ホテルのインテリアをデザインしてきました。上海パークハイアットに続き、マリオットグループのエディション、広州のマンダリン・オリエンタル、香港やロンドンのローズウッドなど世界中の最高級の付くホテルを幅広く手がけております。それもホテルブランドやホテルチェーンの境界を飛び越えて最高級ブランドのスタンダードを作り続きてきました。それだけに今のインテリアの流行を決める羅針盤ともいえるトレンドセッターです。この5番街のアンダーズでも、ラウンジやレストランのインテリアをご覧頂くとトニー・チー氏のその都会的で感性豊かな世界観を垣間見ることができます。

 立地はミッドタウンの中心から少し離れた41丁目です。同じ五番街沿いですがティファニー(16ブロック離れています)など高級ブティックが立ち並ぶ中心付近までは徒歩で15~20分ほどかかります。また、ブロードウェイ・ミュージカルの劇場エリアであるタイムズスクエア界隈も同じく徒歩で15~20分ほどの距離となります。多くの旅行客が宿泊するタイムズスクエアーからロックフェラーセンターやティファニーまでの中心部からは少し離れた場所になります。最寄りの地下鉄の駅、グランドセントラル駅までは徒歩3分程です。緑の4,5,6ライン、あずき色の7ラインにアクセスできます。少しご旅行では使い勝手がよろしいラインとはいえないかもしれません。グランドセントラル駅周辺は、三菱商事や、丸紅、三井物産、三井住友銀行といった日本企業も多く入居しているエリアで、ビジネス街ですから夜は少し寂しいエリアとなります。このような企業のご出張者には適した宿泊場所でしょうけれども。アンダーズホテルのストリート側の斜め前には日本食スーパーのサンライズマート(地図)があります。こちらはとても便利なスーパーで日本のお弁当やお惣菜などが手に入ります。

 普通のお部屋は約28平米の広さで狭すぎず広すぎずといった客室です。天井が比較的高いですからさらに広く感じられます。窓が足元から天井までありますので陽の光がよく室内に入ります。部屋の雰囲気はモノトーンで多少無機質に感じますがより清潔感が感じられます。バスルームにはバスタブがありませんので湯船に浸かりたい方には不向きかもしれません。最近の新築のホテルの傾向で、最高級ホテルなどではバスタブがあっても別にもう一つシャワールームがあったり、それ以下のクラスではシャワールームのみでバスタブがないというホテルが増えてきております。アンダーズにもバスタブがございませんのでご注意下さい。なお、トニー・チー氏は日本ではアンダーズ東京やグランドハイアット東京を手がけていますが、それら日本のハイアット系列の高級ホテルに比べるとアメリカのアンダーズでは高級感や豪華さは乏しく内装や家具もとてもシンプルです。機能性には特に申し分がありませんので、30代、40代のビジネスマンが出張で宿泊するには差し障りのない客室ではあります。

 アンダーズホテルのもう一つの自慢は地下にある隠れ家のようなラウンジ、The Bar Downstairs and Kitchenです。かしこまってお食事をするスペースではなく、タパスをつまみにカクテルやワインを賑やかに楽しめるバーラウンジです。タパスの種類も豊富ですからたくさん食べるとついついお腹が一杯になってしまいます。とてもシックな雰囲気で、グランドセントラル駅周辺で働くヤングエグゼクティブで毎晩賑わっています。ホテルにはジムとスパも併設されており、ジムにはフリーウェイト(ダンベルなどの重り)やウェイトトレーニングのマシンが最低限揃っています。また、ロビーラウンジではワインやソフトドリンクのサービスを無料でご利用頂けます。

個人的な意見

 アンダーズ5thアヴェニューは、トニー・チー氏のアソシエイツがデザインしたライフスタイル・デザインホテルです。ロビーやラウンジはインテリアデザインをご覧になられたい方にとってとても参考になると思います。立地がミッドタウンの中心から少し離れておりますので、お買い物やお食事、観劇といった観光を目的にされている方には若干遠く感じられるかもしれません。逆にビジネス街であるグランドセントラル駅周辺からエンパイアーステートビル周辺にかけてお仕事をされる方にとりましては便利なロケーションです。ホテルは清潔でとても機能的ですからお仕事をするにも最適です。またグランドセントラル駅周辺には日系企業も多い為そのご出張者には適しています。HyattグループのブランドですからHyattのポイントを使って宿泊することができます。観光目的の方であれば、立地的にこのホテルに泊まる理由は見つからないかもしれません。もしHyattのポイントを考慮されるのでしたら、観光に適した場所にあるパークハイアットや、ハイアットセントリック・タイムズスクエアーホテルの方が5番街やタイムズスクエアーへのアクセスもよく、また観光地へのアクセスにも便利な地下鉄ライン(黄色、青、赤、オレンジ色のライン)が近くに通っています。

部屋数:184室
スタイル:住むように泊まる、スタイリッシュ、機能的
雰囲気:20~40代 / ヤングエグゼクティブ / ご出張者

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX