[metaslider id=559]

ホテル情報

 当ホテル、ザ ワーグナー アット バッテリー ホテルは、2017年にリッツ カールトン バッテリーパーク ホテルを買収してできた独立系のホテルです。以下にリッツ カールトン バッテリーパーク時代に書いた記事を残しております。それ程変わったところはございませんので参考になるかと思います。是非ご拝読願います。

 リッツ・カールトンと言えば最高級ホテルの代名詞的存在です。一応どのリッツ・カールトンに泊まっても大きな問題もなく間違いが無いのがリッツカールトンホテルで、サービス、施設ともに安定感のあるホテルです。そのリッツ・カールトンですが、実は5つのランク(Tier5~1)にクラス分けされております。リッツカールトン東京や、リッツ・カールトン京都、リッツカールトン・ニューヨーク・セントラルパークは最高クラスのTier5。リッツカールトン沖縄はTier4です。一方こちらリッツ・カールトン・バッテリーパークは、Tier4。関西でセント・レジス大阪と1位2位を争うリッツ・カールトン大阪はTier3ですが、実際には大阪のリッツの方がバッテリーパークのリッツよりもレベルが高いと思います。さらに、同じマンハッタンにあるTier5のリッツ・カールトン・セントラルパークに比べるとあらゆる点で評価が下がります。

 まず気をつけなければいけない点は立地です。当ホテルはマンハッタンの最南端のそれも少し端に位置しています。バッテリー公園のバッテリーとは砲台の意味で、この場所は独立戦争時にニューヨーク湾に押し寄せたイギリス海軍を迎え撃つために設置された大砲の砲台があった所です。ここは自由の女神を見に行くフェリー乗り場になっており、観光の他に何もすることのない場所です。JFK空港やラガーディア空港からのアクセスも悪く、特にミュージカルなどのアクティビティーの際はミッドタウンに行くにも時間とお金がかかります。タクシーだとミッドタウンまで$25ほどかかりますし、地下鉄の駅も少し離れたところにあり交通の便が良いとはいえません。また、スーパーやレストランも周辺にはありません。近くには金融街のウォールストリートがありますが徒歩では微妙に離れた場所です。ウォール街の中心、ニューヨーク証券取引所まで徒歩20分ほどで、ウォール街にご出張のビジネスマンがゲストのほとんどといった割合で泊まられているようです。ウォール街中心まであまり歩きたくないという方は、ウォールストリートにあるハイアット系列のホテル、アンダーズもよろしいかと思います。

 このホテルに宿泊する利点は、部屋から自由の女神が望めること – Statue of Liberty roomを指定する必要があります。自由の女神は肉眼では少し遠くに見えるだけで目の前という訳ではありません。それでもやはりリッツ・カールトンですから、ニューヨークの一般的なホテルに比べると施設もサービスもレベルは上になります。立地が悪い分、ミッドタウンのホテルに比べると静かでよく眠れますし、またアクセスが悪い分お値段も割安です。また、この施設は2002年に建てられた39階の高層ガラス張りのビルで、またリノベーションもされておりお部屋は清潔で快適です。

 こちらのリッツカールトンのお部屋は東京や京都のリッツに比べると40平米と少し狭く(ニューヨークでは広い方ですが)、インテリアも家具も簡素なものです。またTier5のリッツには置かれてあるエスプレッソマシーンもコーヒーメーカーもミニバーすらお部屋にありません – 1階にコーヒーメーカーが置かれてあり、そちらで無料で頂けます。またはお部屋に冷蔵庫やポットを持ってきてもらうように依頼するとお部屋までスタッフが運んでくれます。歯ブラシやスリッパも置かれていませんが、こちらも依頼するとスタッフが持ってきてくれます。少しこのあたりは面倒ですがしっかり依頼されてみてください。部屋によってはバスタブのない部屋もあります。最近建てられた新しいホテルは設計の時点からバスタブの無いデザインが多くなってきております。こちらのリッツ・カールトンも新しく建てられたビルのためシャワーのみのお部屋が多くございます。お風呂に浸かりたい方は、予約時にBath Tab をリクエストされて下さい。ベッドやシーツと枕はリッツ・カールトンレベルですのでよく眠れるはずです。ご安心ください。

個人的な意見

 腐っても鯛ではありませんが、一応リッツ・カールトンです。一般的なニューヨークのホテルの中ではいいホテルだと思います。ウォール街で働くビジネスマンにとって、立地的にはこのリッツ・カールトン・バッテリーパークが最高クラスのホテルとなります。ニューヨークにある日系のホテル、キタノホテルも日本からの商社や金融関係の出張者が多いホテルでビジネス用途に向いています。ある意味、いづれのホテルも特に個性的な特徴がありませんがビジネスマンにとって使いやすいホテルといえるでしょう。当ホテルの難点は立地です。夜のショーやミュージカルやオペラなどをご覧になられる方にはお勧めできない場所にあります。ショーが終わってからホテルに戻るのは骨が折れることでしょう。立地さえ気にならなければやはりリッツカールトンですから快適にステイできるはずです。自由の女神の見える、Statue of Liberty room 指定で予約して下さい。

部屋数:298室(39室のスイートルーム)
スタイル:少しエレガント、モダン、ラグジャリー
雰囲気:30~50代 / ビジネスマン向き

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX