ホテル情報

 パレスホテルは元々あった鉄道王Henry Villard の4階建ての邸宅の裏の敷地に55階建ての建物を建設してこのホテルはできました。ドラマ、ゴシップガールでセリーナが住んでいたホテルという設定で何度も出てきたホテルで女性にとっては憧れのホテルです。しかしながら実はセリーナのお部屋はこのパレスホテルではなく、パレスホテル39階の上層階、41階から55階までのThe Towersレベルにあるホテルのお部屋です。同じ建物の中でも別の入口があり上層階のタワーレベルをThe Towers at Lotte New York Palaceと呼んでパレスホテルとは区別されています。今回ご紹介するのはこちらのタワーレベル。ウォルドルフのタワーと全く同じコンセプトで、こちらパレスのタワーには前大統領、President オバマもニューヨークの常宿とされていました。

 元々のヴィラード邸は1882年にできた石造りの重厚なイタリアのルネッサンス様式の建造物です。1ブロックまるごとの一軒家としてはマンハッタンに3棟しかないうちの一つです(他にはカーネギー邸とフリック邸があります)。その後、エンパイアーステートビルのオーナーとして有名な不動産王ヘルムズレーがこの邸宅の裏に隣接して55階建ての宮殿のようなホテルを建てると宣言し、ヘルムズレー・パレス・ホテルが1981年にオープンしました。そしてオーナーは代わり2015年には韓国のロッテ財閥が所有することになりました。2015年の時点でこちらタワーレベルは、トリップアドバイザーによりアメリカで10番目のラグジャリーホテルに選ばれています。アメリカで10番目ということですが、個人的な見解としてはパレスのタワーレベルだけで言えば、ニューヨークで10番目前後くらいかと思います。パレスホテルのタワーレベルはまずまずの高評価を得ておりますが、タワーレベルと申しましても同じ建物の中には一般のパレスホテルがありロビー、レストラン、スパなども共有しております、またパレスホテル側になりますが、39階までの一般のお部屋はトイレやお風呂も普通であまり豪華ではありません。

 立地としてはミッドタウンの東側に位置しておりますので目立ってよい場所とは言えないかもしれません。東側の中ではまだ5番街に近い方ですが、目の前のマディソン街は商社、広告代理店のビジネス街、パーク街までいくと銀行などの金融街になっており、どちらかと言えば観光目的でしたらウエストサイドのホテルの方が便利です(そのためパレスホテルでは火曜日と木曜日にブロードウェイまでの無料送迎バスのサービスを提供しています)。このクラスのラグジャリーホテル、特にライバルのマンダリン・オリエンタル・ホテルやパーク・ハイアット、バカラホテルのようにプールがあったり、有名レストランが入っている点が最近のホテルトレンドですが、随分と以前にできたパレス・ホテルにはそのような施設がありません。ちなみにスパはフルサービスではありませんし(部屋に来てもらった方がよい)、ビジネスセンターはビジネスマンで混み合っています(大型ホテルであり、場所柄ビジネスマンの利用が多いため)。しかしながら、ケネディー大統領や高峰譲吉の葬儀のあったアイルランド系のカソリック教会、セントパトリック寺院が目の前に見える、その光景は一見の価値があります。その意味では西側向きのお部屋がお勧めです。そして1ブロック歩けば5番街というニューヨークきってのショッピング街が目の前なので、ショッピング目的のお客様には適した立地だといえます。優れたアメニティーとしては、タワー専用のチェックインカウンターでおしぼりのサービスがあり、ウェルカムシャンペンも無料でいただけます。また、ニューヨーク・ファッション・ウィークのスポンサーであるメルセデス・ベンツとのコラボレーションで宿泊者には無料でメルセデス・ベンツのマイバック(日本ではマイバッハと呼ばれています)や、GLクラス、Cクラスのカーサービスを提供しており無料でご利用いただけます。※しかしながら部屋数が900室を超えるホテルですから宿泊客も多いため、車に空きがあることは滅多にありません。一般のパレスホテルの宿泊客も利用できるカー・サービスのため、タワーレベルにお泊りであっても利用する条件は同じだからです。その他、Wifiは、タワーレベルのみお名前と部屋番号を入力すれば無料でご利用いただけます。靴磨きも夜中の1AMまでに靴を廊下に出しておけば無料で朝の7時までにやってもらえます。

個人的な意見

 パレスホテルの似たようなスタイルのホテルとしては、ル・パーカー・メリディアン・ホテル、パークレーン・ホテル、ランガム・プレース、アンダーズ・ホテルあたりになります。そして今回ご紹介しているパレスホテルのタワーレベルのライバルとしましては、マンダリン・オリエンタル・ホテル、パーク・ハイアット・ホテル、バカラホテルあたりになると思います。パレスホテルのタワーは立地がマンハッタンの東側(イーストサイド)であることや、一般クラスのパレスホテルを含めると900室を超える大型ホテルであること、建物が古くなりつつあることといったマイナス面を考慮すると、上記ライバルホテルの方がワンランク上になります。逆に大統領が泊まるお部屋があることやヴィラード邸から始まったパレスホテルの歴史はマンダリンやパークハイアットには真似のできないものです。ホテルのサービスは一夜にして築き上げることはできませんので、サービスを期待するのであれば、同じクラスのホテルで比較するとある程度の歴史のある当パレスホテルのタワーレベルの方が宜しいです。また、お部屋のデザイン、インテリアでも、ライバルホテルの方が簡易なガラス張りの建物で内装が斬新であるのに対し、パレスホテルの内装はシックでエレガントなデザインです。このクラスの中で、あまり新し目の外観やインテリアを好まず少し歴史のある落ち着いたホテルを好まれる方にとりましてはパレスホテル、そのタワーレベルである当ホテルが最適だと思います。

部屋数:176室(909室あるパレスホテルの41階~55階部分)
スタイル:ラグジャリー、エレガント
雰囲気:20代~ / 品のある方 / ビジネスマン

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX