[metaslider id=866]

ホテル情報

 パーク・ハイアットは、Hyatt系列の1.パーク・ハイアット、2.アンダーズ・ハイアット、3.グランド・ハイアット、4.ハイアット、5.ハイアット・プレースという5つのカテゴリーの中で最上位に位置するフラッグシップホテルです。2013年に完成した90階建ての超高層ビルの25階までをラグジャリーホテルとして2014年にオープンしております。高層階は94世帯が入居するレジデンス(One57 Tower)となっております。販売時、高層階のお部屋が$100~$115ミリオンダラー(100~130億円)で完売し話題となりました。

 立地はまずまずのところで、真正面にカーネギーホールがあり、セントラルパークまで徒歩3分、5番街のティファニー本店まで8分、ミュージカルの劇場街まで徒歩12分前後と、いづれもアクセスのよい場所です。建造物自体が90階建ての超高層ビルですが、ホテルは25階までの階層ですからセントラルパークはほぼ望めません。1階がウェルカムエリアになっており、3階のロビーに上がってチェックインすることになります。デザインもシックでパークハイアットのコンセプトである小さなスペースを大きく使うというミニマリスティックを体現しております。チェックインカウンターも普通のデスクですっきりしておりお洒落です。210部屋の部屋数の少ないホテルですからチェックインも混みあっておりません。

 パーク・ハイアットといえば、東京の新宿にある高層ホテルを連想されることと思いますが、東京のパークハイアットとは雰囲気が異なります。東京のパークハイアットがアメリカ人インテリアデザイナーのジョン・モーフォード氏によるものならば、ニューヨークのパークハイアットは、ニューヨーク在住の日系人デザイナー、ジョージ・ヤブ氏によるものです。日米が逆になったような感じです。ジョン・モーフォード氏は、温かみのある新鮮なデザインが特徴で、フランク・ロイド・ライトに師事したように和のテイストを上手に表現するデザイナーです。東京のパークハイアットも今もなお色褪せない重厚で温かいデザインで、たくさんのファンがいらっしゃると思います。その点、ニューヨークのパークハイアットとは雰囲気が異なりますので、多少残念に思われるお客様も見受けられます。

 少しデザインを見ていきますと、各フロアーの廊下は木目のパネルを使ったデザインでシックな感じです。お部屋は天井が広くサイズ的にも広い方と言えます。バスルームにはバスタブがドンと置かれているところや、木目のパネルを使用した家具など、部屋のデザインは東京のコンラッドに似ています。(コンラッドよりも高級感のあるバスルームです。ニューヨークで初めてTotoのウォッシュレットがお目見えしたトイレでもあります。)お部屋だけで言えばニューヨークのランガムプレイスにもよく似たデザインです。重層感はありませんが洗練られた雰囲気で機能的な空間を創りだしております。特筆すべき点はバスルームが広いことです。シャワーとバスタブが個別に分かれており、大理石模様の白いパネルとモザイク柄のタイルを基調したデザインはお洒落で清潔感があります。バスルーム・アメニティーもニューヨークの高級ブランドLe Labo toiletries 製のTubereuse 40 の香りで統一されています。

 その他のアメニティーでは、25階の大理石のスイミングプールはとてもゴージャスです。小さなホテルですから利用者があまりおりませんのでほとんど貸切りで利用できます。ニューヨークの高級ホテルのプールで、ゆっくりラウンジチェアーに横になってリラックスできるということはこの街では特別なことです。プールの横にもホットタブ(ジャクジ)があります。ビジネスマンのご利用が多いですからお仕事疲れの後の寛げる空間を大切にしています。Vaughn 製のヘアープロダクトを置いてあるロッカールームもたいへん美しいインテリアになっています。このような宿泊者サービスを利用できるのは、このクラスのホテルに多く、トランプ・インターナショナル、マンダリン・オリエンタル・ニューヨーク、バカラホテル、グリニッジホテルなどがあります。ちなみにスパ、The Naila Spaはプール階に隣接しバルコニーから外に出れます。また、ジムはプールから階段を登ったところにあります。少しだけセントラルパークの景色も見れてスパはまずまずお勧めです。

 3階のロビー階には、The Living Room と呼ばれるバー・ラウンジがあります。品のいい方々がいつもいらっしゃいますので、軽いミーティングに使うには丁度いいと思います。お食事も奥のレストランからオーダーすることも可能です。奥のレストラン、The Backroom はフレンチとニューアメリカンを融合した高級レストランです。こちらもそれほど混んでいませんので静かにお食事するには最適です。東京のパークハイアットのように景観は楽しめません。お料理も特筆するような斬新なものはありませんが、ホテルの入り口からの導線、レストランのインテリア、あまり混み合っていないこと、コの字型の個室テーブルがあることは、静かにミーティングされたいビジネスマンにとって利便性の高いレストランだと思います。タクシーは東側に行きたい場合は58丁目側の玄関から、西に行きたい場合は57丁目側の玄関から出られることをお勧めします。

個人的な意見

 パーク・ハイアットはマンダリン・オリエンタルとフォーシーズンズの顧客層をターゲットにニューヨークにフラッグシップをオープンしたとのことです。一泊の料金も同程度の高額な料金で勝負をしています。この料金に値するかと言えば、ハイアットのメンバーポイントを集めている方くらいではないかと思います。またはそのポイントを利用してお泊りになられる方々。よい点は料金が高いが故、品の良い方がお泊りになられていること。騒がしくなく混み合っていないこと。プールやジムなどの施設を貸切りのように利用できること、くらいではないでしょうか。また、90階の高層ビルではあるけれども、ホテルの階層が25階までという点も残念ではあります。特に下の階のお部屋からの眺めは期待できませんので極力チェックインの際には高層階をリクエストされてください。お部屋もスタイリッシュではありますが、ご年配の方々やご家族でのご旅行の方々にとりましては、もう少し温かみがあって寛げるインテリアのホテルがよろしいかと存じます。デザインのシンプルさがゆえ、無機質で殺風景に感じられる方もいらっしゃいます。顧客層としましては、お客様でもビジネス目的でお泊りの方々、特に大企業の役員クラスの方々がお泊りになるケースが多いです。2015年の8月にスポンサー契約のためにいらっしゃった一部上場企業の製薬会社社長もこちらにお泊りになりました。今年もいらっしゃるとのことでしたが、さてもう一度パーク・ハイアットに泊まられるかどうか、、、。この料金でこのクラス、このカテゴリーのホテルでしたら、少し大きめのホテルになりますがマンダリン・オリエンタルの方がよろしいかと存じます(できればリッツ・カールトンか、セント・レジスがベストでしょう)。なお、どちらかと言えばビジネスマンのご出張向き。バケーション向きという感じのホテルではありませんのでご承知ください。

部屋数:210室(92室のスイートルーム)
スタイル:スタイリッシュ、スーパーラグジャリー
雰囲気:30~50代 / エグゼクティブ / ビジネス向き

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX