ホテル情報

 マンダリン・オリエンタル・ニューヨークはニューヨークではある程度の評価を得ている高級ホテルです。アメリカ人のスタンダードではハード面やサービス面での評価は高い方です。スタンダードの高い日本のお客様目線から見ると賛否両論あるかと思います。5つ星だからといって期待していたけれども、期待はずれだったという感想もよく伺います。日本橋にあるマンダリン・オリエンタル東京と同じチェーンホテルですが、それ程は期待されないほうが宜しいかと思います。こちらニューヨークのマンダリン・オリエンタルは内装もデザインもより東洋的で大規模なホテルです。西洋的な雰囲気のマンダリン・オリエンタル東京とは趣が違います。もとは坂本龍馬に武器を輸出していたマセソン商会が前身の上海、香港から始まったホテルですからオリエンタルな色が濃く残っています。禅風のデザインだったり緑茶セットがあるお部屋のインテリアなど中国や東洋の雰囲気がありアメリカ人にとってはそこが新鮮に映るようです。

 立地はセントラルパークの南西角にあるコロンバス・サークルの正面でビジネスにもレジャーにも適しているエリアです。目の前にはトランプ・インターナショナルホテルという同レベルで同系統の現代的なホテルがあります。弊社、あっとニューヨークまでも南に5分、オペラや、バレエ、ニューヨーク・フィル・ハーモニックなどの観劇で有名なリンカーンセンターへも北に5分ほどの立地です。また、ミュージカルがはねた後、タクシーが捕まらなかったとしてもブロードウェイ界隈からも徒歩で帰れる距離にあります。コロンバス駅が目の前ですから地下鉄のアクセスにも便利です。レジデンス、ホテル、CNNのオフィス、高級ブティック、レストラン、ジャズクラブなどが同居する複合施設、タイムワーナーセンターのノースビルに位置しており3階から本館にアクセスできますので、ある程度のショッピングやお食事には事欠きません。タイム・ワーナーセンターの地下には話題の自然派スーパーのWhole Foods(ホールフーズ)が入居しており便利です。また、ニューヨークに6つしかないミシュランの3つ星レストランのうちの2つ、Masa(お寿司)、Per Se(フレンチ)が4階に、また、Jean Georges(フレンチ)が目の前のトランプ・インターナショナルに入居している人気のエリアになります。

 ニューヨークの大規模なホテルの中では、この54階建てのマンダリン・オリエンタルホテルが最上級のホテルです。弊社でも日本を代表するグローバル企業の株主総会を毎年このホテルで開催したり、その経営チームのご宿泊やお食事なども当ホテルで手配いたしております。これ以上の高級ホテルで100名規模のグループのお部屋を一時期に確保できるホテルはニューヨークでは他に見当たりません。グループでVIPのお客様が入れるホテルでしたらマンダリン・オリエンタルがお勧めでしょう。逆に申し上げますと、このような大規模ホテルは超VIPのお客様からは敬遠される要因ともなりえます。

 設備的には新しい建物ですから機能的でお湯が出なかったなどという問題もありません。バスルームは広々としており大理石もきれいでゴージャスかつ清潔的です。ガラスウォールの建物でまた54階建ての高層ホテル(ロビーが35階、お部屋はその上)ですから屋外の景色は素晴らしくご覧いただけます(セントラルパーク・ヴューのお部屋のカテゴリーがありますが、実際には目の前にトランプ・インターナショナルホテルが建っており視界の中央が遮られていますのでご注意ください。リッツカールトンやエセックスハウスのようにセントラルパークが眼前に開けて見える訳ではございません)。ハドソン川の側はニュージャージー側のアメリカ大陸に沈む夕暮れが美しくご覧いただけます。セントラルパークとマンハッタンの摩天楼が見える側は室料は高めとなります。ロビー階のラウンジ、MOバーは共に宿泊者以外の一般にも開放しており混み合っておりますので宿泊者でも予約が必要となります。宿泊客としては残念なところです。レストランのAsiate (アジアテ)は日曜のブランチが人気のレストランです。お料理もまずまずですが、何よりも景観が気持ちの良いレストランです。夜はセントラルパークが真っ暗で逆に殺風景ですから、朝食時やランチ時のセントラルパークが明るく見える時間帯がお勧めです。さらに、このホテルに泊まる利点の一つが、35階と36階にある人気のスパ、それと景観が素晴らしいニューヨーク最長のプールを利用できる点です。

個人的な意見

 5番街でのショッピングを楽しまれたり、近代美術館やメトロポリタン美術館などの芸術鑑賞でしたら東側エリアが中心になりますので、こちら西側からは少し遠い場所になります。このクラスの料金を払われるのでしたら、5番街界隈のリッツ・カールトン・セントラルパークやセント・レジスを、同じ近代的な高級ホテルといった系統をお望みでしたらパークハイアットやバカラホテルという選択があります。セントラルパーク・ビューをお望みで同じエリアのホテルでしたら、パークレーン・ホテルやリッツ・カールトン・セントラルパークのパークビューの方が公園の景色をより楽しめます。

 お部屋は40平米弱ですからニューヨークの平均よりも若干は広く感じられます。ただ、ルームタイプやお部屋の向き(ハドソン川向き、セントラルパーク向き)によりグレードが異なるためインテリアが違っております。カーペットのデザインがラーメンの器によくあるような中国風のデザインのお部屋もあり、それは好みが別れるところです。東洋的な雰囲気のインテリアがお好きな方でしたらご満足いただけるかと思います。また部屋によってはグレーやグリーンを基調としたインテリアのお部屋があったり、フォーシーズンズのようなベージュ系のお部屋もありますのでデザインには統一性がありません。人によっては当たり外れを感じることもあるかもしれません。

 ビジネスでお越しのお客様にとりましては機能的ですからお仕事にストレスを感じることはありません。またニューヨークトップクラスのセント・レジスやリッツ・カールトンといったクラシックアイコン的なホテルではありませんが、商談相手への印象や信用も十分に評価されるホテルですから恥ずかしい思いをするということもありません。個性や格式を重視されたいVIPのお客様にとりましては今ひとつ決め手に欠けるホテルかもしれません。

部屋数:251室
スタイル:スーパーラグジャリー、現代的
雰囲気:30代~ / ビジネスマン / バスルーム好きの方

 

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

 

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX