ホテル情報

 ニューヨーク最高級ホテル、セントレジスのセールスとの談話で、セントレジスを除いて、今のニューヨークでベストのホテルはどこか、という話をしていて出てきたホテル、それがグリニッジホテルでした。グリニッジホテルは自室のような空間、自邸にいるような家族的なサービスを重視した高級ホテルで、プライバシーを重視し宿泊者一人ひとりを家族のようにもてなす日本の高級旅館のようなコンセプトのホテルです。自邸のように滞在することをコンセプトとしているセントレジスのセールスらしい評価だと思います。弊社のお客様の中でもプライバシーに気を配られる方々には人気があり、著名な建築家や有名なモデルさんが定宿としています。

 グリニッジホテルのオーナーは、俳優のロバート・デ・ニーロと、元祖ブティックホテルのマーサーホテルや、近年人気のバワリーホテルのオーナーの3名。満を持して2008年に、トライベッカ・フィルム・フェスティバルが開催されるダウンタウンで最もお洒落なエリア、トライベッカに新築オープンしました。ロバート・デ・ニーロがオーナーのノブや、ブーレイ、トライベッカ・グリル、ブラッシュストロークといったオシャレなレストランが立ち並ぶ界隈で、映画関係者やファッション業界のセレブたちが多く暮らす大人の味わい深い街にあります。

 88室と部屋数を制限しているこのホテルにはセレブの顧客が多く宿泊されています。そのためにプライバシーを特に大切にしています。通常は、グループで多くの部屋を予約するとなるとホテル側は喜ぶのですが、グループでの宿泊を受け付けてくれなかったのは恐らくこのホテルが初めてでした。団体のビジネストリップでダブルルームが10部屋だったのですが、受け付けていただけませんでした(シングル8部屋の際は大丈夫でした)。ダブルルームが少ないという理由もあったのでしょうが、団体であることがその理由とのことでした。また、オシャレな絵画が飾られてあるラウンジや、シックなパティオ、それにロビーさえも宿泊者だけのプライベートスペースとなっており、一般の方々は入れないエリアとなっています。自分が有名人ではなかったにせよ、かなりの特別感を味わえるセレブだけの居場所といった感じのホテルです。当然、撮影も禁止されていますので、セレブにとってもプライバシーを守れる隠れ家のような場所で安心できます。このホテルでは有名人であっても、そうでなくても宿泊者は何者かでいられるような、そんな感覚になれるような気がします。かといって、ミートパッキングエリアにあるようなセレブがきらめくナイトクラブ系のホテルとは一線を画した、落ち着いた大人好みの高級ホテルです。

 グリニッジホテルは、グリニッジ・ビレッジにあるのではなくトライベッカにあるホテルで、グリニッジホテルという語源は、グリニッジ・ストリートに面しているところからその名前がつけられています。ロバート・デ・ニーロをはじめとするオーナーたちは、世界中から才能ある建築家、アーティストと職人たちを呼び寄せて建物やインテリアをデザインしました。そのため、外壁はオールドアメリカン風のレンガ造り、ロビーは14世紀のイタリアのパラッツォのようなテラコッタと大理石のフロア、スパは畳や暖簾、提灯をあしらった和風のデザインと、多種多様なデザインとアートに満ちあふれています。建物は外観も内装も100年は経っているのではと思うくらい歴史を感じるデザインです。しかしながら全てが新築。古さを醸し出すために大きさ、形、色の違った20種類のレンガを使用しています。古き良き時代を新しいデザインと融合させる建築家、グレイリング氏のデザインオフィスがデザインを担当し、ブリックやフローリングのシベリア・オーク材などの資材はわざわざペンシルバニア州で製造して搬送されております。アンティークのミラー、その他の家具も、世界最古の高層ビルであるフラットアイアンビルで使用されていた実物のアンティークを持ってきて、意図的にアンティークなインテリアに仕上げました。フレンチドアや、モロッコのタイル、ラグなど、それぞれのアートワークがイタリアの美しいアパートのようで、まさにフィレンツェにいるような錯覚を覚えるようです。新築のホテルはどれも画一的で近代的なデザインが多いものですが、グリニッジホテルが格式をもつホテルのように見られるのは、この歴史を感じるデザインによるものだと思われます。

 88の客室は、すべて異なるデザインとなっています。ひとつとして同じでデザイン、インテリアのものはなくイタリア製のテラコッタの床、モロッコ風のタイルの壁、チベットの手織りのシルクカーペットなどを組合せて国境の壁を越えたミックスカルチャー的なインテリアが完成しています。また、自然素材が全面的に採用されているので部屋にいてもとても寛げます。ホテルのアメニティーにつきましては、スナックやナッツ、クラッカーなどは全て無料です。飲み物につきましても、お水やガスウォーターが無料となっています。無線LANのWifiも無料。バスルームセットもオシャレなRed Flower社製。ベッドは最高級品質のスウェーデンのDux製マットレスと羽毛布団を使用しています。スパ(Shibui Spa)は何と日本式の和風スパとなっています。地階にあるプールも日本家屋のデザインそのもので驚かされます。それもそのはず、デザインを手がけたのは日本人デザイナーのMikio Shinagawa。江戸末期に建てられた日本の農家の家屋から持ってこられた木材をそのまま使用して和風のクラシックさを演出しています。日本通のロバート・デニーロならではの演出です。館内にあるレストラン「ロカンダ・ヴェルデ」では、新感覚のイタリアンを気軽に楽しめます。イタリアの街中にあるタベルナ(食堂)をそのまま持ち込んだようなカジュアルな雰囲気で、もちろん眠らない街ニューヨークのホテルにふさわしくルームサービスでもその味を24時間味わえます。

個人的な意見

 おしゃれなセレブが泊まるニューヨークのホテルとしては、カーライルかここグリニッジホテルかの2つのホテルがベストな選択肢になるかと思います。どちらのホテルもニューヨークの中心であるミッドタウンを避けたかのように、アップタウンとダウンタウンに位置しており、それも個性を際立てている一つの要素かと思います。違いは、カーライルがよりクラシックで格調が高いのに対し、こちらグリニッジホテルはより斬新で芸術的な香りが漂う点です。歴史を重んじるエスタブリッシュな方はカーライルを、流行に敏感な方はグリニッジホテルを選ばれる傾向があります。弊社では、女優さんにはカーライルを、モデルさんにはグリニッジホテルをお勧めするようにいたしております。いづれにしましても、セレブが選ぶニューヨークのホテルとしてはカーライルと並び別格のホテルです。

部屋数:88室
スタイル:エレガント、華やか、イタリアン、古風、現代的
雰囲気:20代後半~ / スーパーモデル / ファッションデザイナー / 映画監督 / 落ち着いた方 / おしゃれな方

 

同じクラスのホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

 

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX