ホテル情報

セント・レジスは、ニューヨークの最高級ホテルの中でも筆頭に挙げられます。世界一流のホテル、パリのル・ブリストル、ロンドンのザ・サヴォイといえばニューヨークはここセント・レジスとなります。当ホテルは、格式、サービス、お客様の層などいづれをとりましてもニューヨークトップのホテルです。弊社のお客様の中でも、著名人や財界トップの方々でセントレジスをニューヨークの定宿とされている方が多くいます。例えば、日本を代表するアパレル企業のトップの方もそのお一人です。毎年のように、時には年に幾度もニューヨークに足を運び決まってセントレジスに宿泊されます。VVIPの方々は、一度セントレジスに泊まると、次の滞在でもまたセントレジスをご指定になられる方がほとんどです。前述のCEOは、秘書も付けずにお一人で来られますが、ホテルを拠点に店舗探しやリサーチなどを行われニューヨークでも忙しく動かれています。このようなVVIPの方々がなぜセントレジスをお選びになられるのでしょうか。

 セント・レジスは、ウォルドルフ=アストリアと同じくアスター家*により1904年に創業されました。1800年台後半まではアメリカの富の15%を所有していたといわれる一族です。2代目の時に400クラブと呼ばれるアメリカの上流階級400名の人々からなる社交クラブをニューヨークに創設します。ちょうどアメリカは産業革命の真っ只中で、鉄鋼王、鉄道王、石油王、大富豪と呼ばれるニューマネーが続々と生まれた時代です。孫の代となりアスター4世は400クラブ向けの上流階級のためのホテルをアメリカで初めて建設しました。それがセントレジスです。自邸のようにメイドやバトラーがサービスし、ヨーロッパの貴族社会のようなエレガントで優雅な雰囲気を目指しました。セント・レジスでは、その当時から贅を極めた豪華なパーティーが毎夜繰り広げられ社交界の中心となります。毎夜集まる成功者や富豪達はアメリカンドリームの象徴となりました。街の中心は5番街に沿って北に伸び、30丁目台から50丁目台に移ります。セントレジスはセントラルパークの手前の55丁目に位置しています。同時期に5番街とセントラルパークの角にはプラザ・ホテルが創設され、ご近所のこの2つのホテルがグランドホテル隆盛の中心となり、1900年台という新時代が幕を開けることとなります。

 セントレジスは、ボザール様式(Beaux Art)のランドマーク建築(歴史的記念建造物)に指定されています。建設当時は世界最高層のホテルでした。ボザール様式は、1800年代後半から1900年代初頭に流行した神殿のような太い線とクラシックなデザインの建築様式でアメリカン・ルネッサンスとも呼ばれています。インテリアはヨーロピアンスタイルを基調に、2013年から2014年にかけてイタリア・フローレンスのHDCスタジオが新しくデザインし全館全室の全面リニューアルが行われました。クラシックで上品な良さを残しながら現代的な優雅さを追求しています。また、大理石やクリスタル、螺旋階段の手すりなども細部に至るまで磨き直されました。調度品と家具はルイ15世スタイル、寝具とリネンはイタリア製のものが使用されています。また、セントレジスには歴史に残る様々な遺産がたくさん残っています。地下にはセントレジスの歴史展示室がありニューヨーク初の公共図書館の面影が残ります。ボールルームには5000個のクリスタルからなるティファニーのシャンデリア、螺旋階段の手すりだけでも数億の価値が、またキングコール・バーの壁画は25億の価値がついているといわれます。まさに、美術館に滞在し宿泊しているようなホテルです。

 実際、20世紀を代表する画家で50年に渡りセントレジスに住まれた方がいます。スペインの画家、サルバトーレ・ダリです。ダリは、1934年から毎冬ニューヨークに滞在しセントレジスで暮らしていました。ルームナンバー1610がダリのアトリエ兼の自邸でした。1965年には、ダリはこの部屋で若かりし頃のアンディー・ウォーホールに出会っています。日本人でセントレジスに住まれていた人物としては、皇族で内大臣を務められた伏見宮貞愛親王がいます。

 セントレジスのお部屋は広く天井も高いためとても落ち着きを感じます。ルームカテゴリーも豊富で個性豊かなお部屋がたくさんあります(詳細はお部屋のページをご参照ください)。アフタヌーンティーは各フロアーに駐留するバトラーに頼むと上品なティファニーの食器とシルバーでお部屋まで入れてくれます。個人的にはここのホットチョコレートが美味しいですのでお試しください。それとこのホテルのキングコールバーはブラッディーマリーの発祥の地です。すごくスパイスの利いた濃厚なトマトジュースのカクテルです。もちろんルームサービスでも頼めます。

 バトラーですが、元はというもの、創業したアスター4世が私邸のようなホテルを目指したホテルであったところからバトラーを各フロアーに駐在させるようになりました。このサービスは後にセントレジスがセントレジスたる所以となったバトラーサービスです。バトラーとは執事のことで、お客様の秘書であり、相談役であり、またコンシェルジェやメイドの役目も担ってくれます。つまりお客様のご要望には何でもお応えする。そのようなサービスです。19階建ての小さなホテルでお部屋は各階に17室しかありませんからお客様をお待たせすることも滅多にありません。バトラーを呼んだらすぐにお部屋に来て頂けます。お部屋のこと、ベルマンの手配、ルームサービス、ショーチケットの手配、観光の相談などありとあらゆる要望に応えてくれます。例えば、奥様がお誕生日でしたらバトラーにその旨お伝えください。お花とカード、時によってはコンプリメントでシャンパンをお部屋に届けてくれることもあります(あっとニューヨークでご予約されたお客様にはコンプリメントでシャンパンをお入れ致しております)。この姿勢はバトラーだけではありません。フロントデスクやセールスに予約前に結婚記念日や誕生日などをお伝えしておけば、お客様のお部屋に誕生日のカードとフルーツが届けてくれます。一度は、ご両親の結婚40年をお祝いしてニューヨークにいらしたお客様がいらっしゃいまして、予約時にその旨お伝えしておきましたところ、普通のデラックス・スイートからデザイナースイートのティファニー・スイートにアップグレードされたことがありました。セント・レジスではスタッフができることは何でもやってくれようと努力してくれます。ですから、このホテルではあまり恐縮がらずに、バトラーにせよ、フロントやドアマンにせよ、セントレジスのスタッフは家族や友達と思って親しみを持って接して頂ければと思います。特に滞在中、バトラーにはお世話になることと思います。チェックインしてお部屋に着かれましたら、バトラーが挨拶に参ります。先ず自己紹介をされて下さい。到着時のコーヒーやティーはコンプリメントですので、ご希望をお伝えされるとよいです。全スタッフにいえることですが平均的にサービスの質が高いのがセントレジスです。ニューヨークにいて気持ちのよい滞在ができるはずです。また外出時、ホテルの前に「ST REGIS」とナンバープレートに書かれたベントレーが停まっていたら、ドアマンに声をかけて行きたい場所をお告げください。ミッドタウン内の近場でしたらこの高級車でドライバーがお送りしてくださいます。セントレジスとベントレーのコラボレーションで、ご宿泊者に提供している無料のサービスです。

個人的な意見

 New York’s Attitudeという言葉があります。そっけない、冷たい、といった意味です。ホテルに限ったことではありませんが、ニューヨークの人の対応を指してそう呼びます。ニューヨークに度々訪れている方ならお分かりと思いますが、日本のきめ細かなサービス、おもてなしの心、といったものはニューヨークのホテルにおいてはあまり期待できるものではありません。概してニューヨークのホテルのサービスはとてもレベルが低く、一つのことを頼むのにもとても骨が折れるものです。それがニューヨークですから、セントレジスのサービス精神がニューヨークでは特に際立って見えます。これまでの財界トップや著名人の方々でも、フォーシーズンズやピエールといった最高級ホテルからセントレジスに定宿を変えられた方がたくさんいらっしゃいます。多忙を極め、煩わしいことや面倒なことまで自分でやる時間のないVVIPの方々がこのホテルをお選びになる理由には、まずはこのホテルのサービスの良さにあるのだと言えます。それともう一つ、セントレジスには他のどのホテルも真似のできないものがあります。それがステータスのシンボルである格式と呼ばれるものです。100年以上の長きに渡り世界の著名人に愛されてきた歴史は他のホテルには真似のできないものです。また、その古き良さとあいまって、ハードの面でも現代的で斬新なデザインがうまく調和し融合しています。それが、マンダリンやペニンシュラではなく、また、フォーシーズンズやコンラッドでもない、セントレジスでしか味わえない素晴らしさです。

 あなたがセントレジスに泊まっていることをニューヨークの知人に話したら、皆羨ましがるに違いありません。あなたがセントレジスを知っていたこと、セントレジスを選んだこと。それだけで誰もが敬意を払うことでしょう。セントレジスとはそういうホテルです。

部屋数:238室(67室のスイートルーム)
スタイル:クラシックラグジャリー、エレガント、グラマー
雰囲気:40代~ / 気品のある方、財界人 / ニューヨークの一流が分かる

* セント・レジス、カーライル、リッツカールトン・セントラルパーク、ウォルドルフ=アストリアのタワー
* アスター家につきましてはウォルドルフ=アストリアのタワーのページに詳しく記しておりますのでご参照ください。

同じクラスのホテル

コンラッド ミッドタウン ホテル
クラウンプラザ タイムズスクエア
ホテル アメリカーノ
インディゴ ロウアー

近くにあるホテル


ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX

ホテル名XXX